ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の予想!当地の原田幸哉と好調の石野貴之を要チェック!

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の予想!当地の原田幸哉と好調の石野貴之を要チェック!

UPDATE:2021.04.08
競艇レース記事競艇予想

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)は、ボートレース大村(大村競艇場)では4年ぶりの開催です。前回、とてつもない結末を迎えたこの開催は、今回はどのようなドラマを見せてくれるのでしょうか。

「2017年のダイヤモンドカップで、いったい何が起こったのか?」。そんな疑問をお持ちになった方は、すぐ下の項目をお読みください。さらに、最後までお読みいただければ、ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)を楽しみ、また有効に攻略する予想が組み立てられるようになるでしょう。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の詳細情報

前回、大村でダイヤモンドカップが開催されたのは2017年でした。しかし、このダイヤモンドカップ2017(大村競艇G1)が、実に大変な優勝戦を迎えます。なんと1号艇を含む3艇がフライング。結果的に、長崎へ移籍した直後だった原田幸哉選手が、新しい地元のG1を恵まれで優勝という形になりました。

その後に、発祥地ナイターとしてナイター開催が始まったボートレース大村(大村競艇場)です。スタートタイミングはさらに取りづらく、インの強い水面を活かすためには、練達の技が必要なようになりました。

かつて「施設改善記念競走」と呼ばれたダイヤモンドカップは、今回もまた荒れることになるのか。SGとSGの合間の、野心に満ちたG1競走が始まります。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の開催期間

2021年4月10日(土)~4月15日(木)

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の出場選手

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の出場選手

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)に出場する選手の一覧です。誰もが知っている人気選手にして絶対的な賞金王、峰竜太選手も名前を連ねました。

しかし、今回の開催が峰竜太選手を確実な優勝候補としていないところに、ボートレース(競艇)の面白さがあります。大きなハンデを抱えながらも、峰竜太選手は勝ち切ることができるのか。後段で詳しく解説します。

級別 登録番号 選手名
A1 3388 今垣 光太郎
A1 3415 松井 繁
A1 3541 三嶌 誠司
A1 3554 仲口 博崇
A1 3556 田中 信一郎
A1 3557 太田 和美
A1 3590 濱野谷 憲吾
A1 3622 山崎 智也
A1 3641 一瀬 明
A1 3654 武田 光史
A1 3685 荒井 輝年
A1 3779 原田 幸哉
A1 3780 魚谷 智之
A1 3783 瓜生 正義
A1 3854 吉川 元浩
A1 3874 山本 寛久
A1 3897 白井 英治
A1 3959 坪井 康晴
A1 4013 中島 孝平
A1 4028 田村 隆信
A1 4042 丸岡 正典
A1 4049 荒川 健太
A1 4074 柳沢 一
A1 4080 山崎 哲司
A1 4089 妹尾 忠幸
A1 4102 益田 啓司
A1 4112 大久保 信一郎
A1 4144 石塚 久也
A1 4168 石野 貴之
A1 4171 榎 幸司
A1 4174 赤坂 俊輔
A1 4216 星 栄爾
A1 4239 竹田 辰也
A1 4278 藤岡 俊介
A1 4305 金子 拓矢
A1 4320 峰 竜太
A1 4324 海野 康志郎
A1 4342 谷野 錬志
A1 4352 下條 雄太郎
A1 4361 柳生 泰二
A1 4413 水摩 敦
A1 4428 有賀 達也
A1 4477 篠崎 仁志
A1 4497 桑原 悠
A1 4500 山田 康二
A1 4531 武富 智亮
A1 4643 近江 翔吾
A1 4659 木下 翔太
A1 4688 永井 彪也
A1 4715 村上 遼
A1 4754 松尾 充
A1 4812 西野 雄貴

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)のアクセスと新型コロナウイルス対策

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)のアクセスと新型コロナウイルス対策

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)は、長崎県大村市にあるボートレース大村(大村競艇場)で開催されます。

2021年4月2日(金)現在、新型コロナウイルス(COVID-19)はなおも流行中です。大都市圏を中心として発出されていた緊急事態宣言は解除されましたが、再び感染拡大の傾向が見え始めており、予断を許さない状況です。

ボートレース大村のある長崎県は、もとより緊急事態宣言の対象ではありませんでしたが、新型コロナウイルスの恐ろしさはどの土地でも変わりません。感染力と致死性の高い変異株が広がり始めている以上、万全の感染予防が求められます。

本場への来場を予定されている方は、関係者の指示をよく聞き、感染拡大防止に積極的に協力しましょう。

参考記事:新型コロナウイルス感染拡大防止策について – ボートレース大村

入場時の注意事項 ・入場時にサーモグラフィー、または非接触型の体温計による検温を実施します。体温が37度以上ある方、および明らかな風邪症状がある方は入場できません。
・マスク着用が義務づけられています。これは入場時はもとより、場内でも同様です。
・入場の際には手指を消毒しましょう。
・ソーシャルディスタンスを守りましょう。
本場内の注意事項 ・選手の出待ち、入り待ち、プレゼントの受け渡しは感染拡大防止の観点から禁止されています。
・有料席、無料席、フードコートはソーシャルディスタンスの確保のため、半分への減席が実施されています。
・レディース席およびカップル席も半分に減らし、対象者はキャッシュレス会員に限定されます。
・キッズルームは、授乳とおむつ交換の用途でのみ利用可能です。
・エクストリーム広場は、バスケット、スケートボード等の利用が禁止されています。
・有人窓口は開放しません。
・喫煙室は、面積に応じた利用人数制限を行います。
・扉などを常時開放し、換気を実施します。
・場内の混雑が予想される場合、必要に応じて入場制限を実施します。ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)においては、目安として2,000人の入場者を超えた段階での入場制限実施が発表されています。

ボートレース大村(大村競艇場)の住所・電話番号

住所 長崎県大村市玖島1-15-1
電話番号 0957-54-4111

ボートレース大村(大村競艇場)への電車&無料タクシー&自動車でのアクセス

ボートレース大村(大村競艇場)への電車&無料タクシー&自動車でのアクセス

ボートレース大村(大村競艇場)の最寄り駅は、JR大村駅です。ただし、JR大村駅からボートレース大村までは徒歩圏ではないため、同地から無料タクシーに乗っての移動になります。

自動車の場合は、最寄りインターチェンジは長崎自動車道の大村ICです。また、ETCを装着している場合、木場スマートICも利用が可能です。

ボートレース大村(大村競艇場)への無料バス&無料高速船でのアクセス

ボートレース大村(大村競艇場)への無料バス&無料高速船でのアクセス

ボートレース大村の特色として、無料送迎バスのほかに、無料高速船によるアクセスも可能です。

無料バスは長崎駅前県営バスターミナル(昭和町経由)、浦上駅前(長与港行)、馬町(諏訪神社前)を起点とする複数の路線があります。これら長崎方面からのバスのほかにも、諫早、県界を起点とする諫早方面からの無料バスも出ています。

さらに、無料高速船は時津港を出発したのち、長与港を経由し、直接ボートレース大村へと到着します。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)のレース展望

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)のレース展望

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)のレース展望について、公式の特設サイトが有力選手にフォーカスを当てた内容をアップしていました。同内容を引用し、どの選手が優勝候補になるかを分析しましょう。

ダイヤモンドより輝く男、峰が当地3連覇を狙う!

昨年2度目のグランプリ制覇を果たし、ますます無敵の度合いを増す峰竜太(佐賀)だが、今年も当地で正月戦、地区選を連覇するなど勢いは止まらない。

SG戦線も開幕し春本番真っ只中の今シリーズも、もちろん主役だ。そんな最強男に対し真っ向勝負に出るのが、地元エースの原田幸哉(長崎)だ。愛知時代から当地はG1、2優勝の実績で、移籍後に2度目の周年制覇とエースの名に恥じない戦績を誇る。近年、勝率で峰を猛追する白井英治(山口)と九州地区では最強を誇った瓜生正義(福岡)も当地周年覇者で、当地4度の優勝が全てG1、G2という松井繁(大阪)も有力なV候補といえる。

山崎、今垣と水面巧者がズラリ

ほかにも、当地でSGを制した山崎智也(群馬)、田村隆信(徳島)、石野貴之(大阪)に、周年を制している今垣光太郎(福井)、太田和美(大阪)と水面巧者がこれでもかと並ぶ。

昨年SG制覇後に当地誕生祭を制した篠崎仁志(福岡)や、今年の地区選でも優出を果たし3連覇はならずも存在感を示した桑原悠(長崎)もすっかり記念戦線でも主力の一角に。

吉川元浩(兵庫)、濱野谷憲吾(東京)に、浜名湖周年で久々のG1優勝を果たした中島孝平(福井)も当地はV歴あり警戒は怠れない。

出典:レース展望 – ダイヤモンドカップ特設サイト

筆頭に名前が挙がってきたのは、格の面からも佐賀の峰竜太選手でした。しかし、地元の原田幸哉選手を始め、ほかのレーサーたちにもチャンス充分な内容がよくわかります。

特に、峰竜太選手はF休みの直前です。ここで無理をしてF2となり、2021年の賞金ランキング戦線から離脱するのだけは防がなければいけません。

この場合、発祥地ナイターの輝きは、ほかの選手に栄冠を運んでいく可能性が高くなります。峰竜太選手以外にもF持ちの選手はいるため、各レースではしっかりと状況を確認しましょう。

来月にボートレースオールスター2021(若松競艇SG)が迫っているからこそ、SG級の選手は無理ができません。逆に、このG1競走がのし上がるためのステージという選手もいます。

トップレーサーの地力か、若手や中堅レーサーの一撃駆けか。2つのSGの合間にあるからこそ、悩ましくも楽しい開催になるでしょう。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)が行われるボートレース大村の特徴

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)が行われるボートレース大村の特徴

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)が開催される、ボートレース大村(大村競艇場)の特徴を見ていきましょう。

今年でいえば、九州地区選手権2021(大村競艇G1)も大村開催だったため、同レースを特集した記事でも詳細に触れました。ご覧いただけたでしょうか。

また、同記事でも紹介したとおり、本サイトではボートレース大村(大村競艇場)を詳細に解説した記事を公開しています。すでにこちらをお読みいただいたならば、大村の特徴をご認識いただいているかもしれません。

ともあれ、ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の攻略という観点から、改めてボートレース大村(大村競艇場)の特徴を紐解いていきます。大村はインが強いという話は、すでに各所で行ってきました。そこで、今回は2マークに潜む魔物の話をしていきましょう。

大村の2マークは、うねりが起きやすいことで有名です。コース形状や風の影響で起きるこのうねりは、うかつな全速戦を仕掛けた選手を容易に外へと飛ばします。こうした事情から、「大村の2マークは差しが定石」とまで言われています。

福岡の1マークほど特徴的なうねりではないにしても、大村の2マークも地元選手に利しやすい環境であるといえるでしょう。水面をよく知る選手ほどすばらしいターンを見せるシーンが、どの開催でも見られます。ましてひとつのミスが命取りのG1開催ともなれば、微差が大差になるかもしれません。

長崎支部の選手、ならびによく大村に臨場する福岡支部や佐賀支部の選手で、当地成績が良い選手には注意が必要でしょう。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)でファンが選ぶ優勝候補をチェック!

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)でファンが選ぶ優勝候補をチェック!

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の公式特設サイトでは、優勝者予想投票企画が実施されています。2021年4月9日(金)までの受付で、マイル会員にはもれなく20ポイントがプレゼントされるとともに、抽選で50名にクオカードが当たるキャンペーンです。

この企画の投票状況について、途中経過が発表されています。ファンが選んだ優勝候補として、非常に興味深いデータです。

今回は、この優勝者予想ランキングの上位6名について、現段階での優勝候補として個々に取り上げてみましょう。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)でも峰竜太の信頼感は絶大

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)でも峰竜太の信頼感は絶大

峰竜太選手が浜名湖賞2021(浜名湖競艇G1)で非常識なフライングを切った衝撃は、様々なメディアで報じられました。全艇フライングという珍事であったのも大きかったでしょう。

F持ちとなった峰竜太選手が、以後も厳しい戦いを強いられていることは、ファンがよく知っているところです。北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)では準優勝戦で外からまくられ、ボートレースクラシック2021(福岡競艇SG)でも1勝しか挙げられませんでした。

ただ、それでも技術はすぐれたものがあります。北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)では準優勝戦で1号艇を勝ち取るほどに好成績を残したのは事実ですし、ボートレースクラシック2021(福岡競艇SG)でも、操縦技術、整備技術がともに超一流である点を証明しました。

スタートで踏み込めないというハンデは、ボートレースにおいて相当なものです。そのハンデを背負ってなおSG競走で上位に食い込める力は、G1競走においては優勝候補に値するのは間違いありません。

峰竜太選手がファンからの優勝者予想ランキングで圧倒的1位を走っているのも、まったくもって当然といえるでしょう。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)は白井英治の腕を見せる舞台になるか

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)は白井英治の腕を見せる舞台になるか

優勝者予想ランキングの第2位は、山口の白井英治選手が入りました。2020年の勝率ランキングでは、峰竜太選手に次ぐ2番目の好成績。実績を考えても、充分に優勝候補になる資格を持ったレーサーです。

ボートレースクラシック2021(福岡競艇SG)では大きい着を叩いたため、残念ながら予選落ちを喫しました。それでも、節間を通じて3勝を挙げており、技術の高さをファンに見せてくれています。

また、近在の中国地区の選手という縁もあり、大村は遠征でもよく訪れています。23節参加して、優出11回の優勝5回は実に優秀な数字といえるでしょう。スタートタイミングが難しいことで知られる当地でも、しっかりスタートを決められているため、遠征勢の中でも狙えるレーサーです。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)で原田幸哉が地元G1を駆け抜ける

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)で原田幸哉が地元G1を駆け抜ける

優勝者予想ランキングの第3位に、地元長崎の原田幸哉選手がランクインしています。2017年に長崎支部に移籍してきた原田選手は、今やすっかり当地のエース格の選手として認知されました。

原田幸哉選手は移籍前から大村を得意としており、移籍後はその強さに磨きが掛かりました。全24場の中で最も好成績を残しているのが、ほかでもないボートレース大村(大村競艇場)です。

長崎の地元ファンの期待を背負い、4年前の移籍直後に手に入れたダイヤモンドカップ優勝の称号を、再び獲得しに行きます。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の下條雄太郎は脇役では終われない

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の下條雄太郎は脇役では終われない

優勝者予想ランキングの第4位は、これまた地元長崎の下條雄太郎選手です。原田幸哉選手の勝負強さもあって、最近は少し影が薄くなったといわれますが、それでも一流レーサーである事実に変わりはありません。

下條雄太郎選手は、長崎県の壱岐市の出身です。対馬市とともに本州から離れた島として有名な壱岐から生まれたスター選手は、今なおビッグタイトルを手にできていません。それでも、昨季の期間勝率は7.01点で、G1でも戦える実力を示しています。

2021年3月には、西日本スポーツ杯(大村競艇一般)で、なんと6号艇6コースからの抜きでの優勝を勝ち取りました。ここまでの力を示したならば、もはや一般競走の優勝では満足できません。地元水面での大きな勲章を目指し、水面を滑走します。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)でも瓜生正義にはファンの期待が集まる

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)でも瓜生正義にはファンの期待が集まる

正義のヒーロー、瓜生正義選手。福岡の偉大なるグランプリレーサーは、グランプリ制覇後の2017年中頃から2018年終わりまで不調に苦しみましたが、その後は徐々に復調し、ここぞという場面で大レースを制してきました。

2021年はビッグレースに続けて出走しているものの、まだ優勝はありません。地元支部の誉れとして出陣したボートレースクラシック2021(福岡競艇SG)でも、残念ながら大きい着を複数叩いて予選落ちとなってしまいました。

しかし、SGを10回も制した偉大な選手です。少しでも条件が良化すれば、たちまち勝ち星の山を築くでしょう。モーター抽選、ならびにその仕上がりに要注目です。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の石野貴之が快進撃を続けるか

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)の石野貴之が快進撃を続けるか

瓜生正義選手に続く、優勝者予想ランキングの第6位に、大阪の石野貴之選手が入ってきました。同じくグランプリレーサーの誉れを持つ石野選手もまた、とてつもない不調に苦しんでいました。

3月の太閤賞2021(住之江競艇G1)でも、同月の全日本覇者決定戦2021(若松競艇G1)でも、復活の片鱗を見せつつも、大きい着を叩く競走が続いていました。

しかし、ボートレースクラシック2021(福岡競艇SG)で、大舞台に強い「石野信用金庫」は突如として経営再建を果たします。初日こそ5着を取ったものの、その後はすさまじく安定した強さを誇り、ついに優勝戦では1号艇を獲得。イン逃げを決めてSGタイトルを獲得しました。これがSG競走9勝目になります。

調子の良さでいえば、石野貴之選手が抜群です。ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)においても、予想の主軸として考えたい選手です。

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)のまとめ

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)のまとめ

ダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)は、九州地区選手権2021(大村競艇G1)に続き、今年2回目となる発祥地ナイターでのビッグレースです。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)は、佐賀の峰竜太選手が抜群の安定感で制しました。しかしながら、その峰竜太選手は、今回F1を持って臨むことになります。これはほかの選手にとって絶好の好機でしょう。

5月には次のSG競走である、ボートレースオールスター2021(若松競艇SG)が待っています。出走を予定している人気の一流選手ほど、気をつけた戦い方が要求される点に留意しましょう。

であればこそ、思わぬ選手の台頭も考えられます。スタートのタイミングが計りにくい大村のイン最強水面が、そうした傾向を知られているからこそ、望外の好配当をもたらしてくれることを念頭に置きましょう。確かな考えに基づいて組み上げられた舟券予想は、オッズや既成概念に囚われない、実践的で内容に満ちた「当たる予想」に仕上がるはずです。