九州地区選手権2021(大村競艇G1)の予想!桑原悠が3連覇を目指して疾走!

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の予想!桑原悠が3連覇を目指して疾走!

UPDATE:2021.06.09
ボートレース情報

九州地区選手権2021(大村競艇G1)は、ボートレース(競艇)の盛んな九州らしい激戦が期待されます。ここ3回の大村開催の優勝者は植木通彦選手、上瀧和則選手、今村暢孝選手とベテランがずらりと名を連ねました。

しかし、ここ3年は3年前の仲谷颯仁選手に続き、桑原悠選手が2連覇中と若い力が躍動しています。まさしく輝く才能のぶつかり合いといった趣でしょう。

この記事では、九州地区選手権2021(大村競艇G1)の魅力を余すところなくお伝えするとともに、ボートレース大村(大村競艇場)の特徴に立脚した舟券予想のコツ、さらに本開催で優出が見込める有力選手情報まで幅広く網羅していきます。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の詳細情報

九州地区選手権2020(唐津競艇G1)は、6号艇の西山貴浩選手が勝負の前付けで2コース進入。1号艇の桑原悠選手はこれを受け止めますが、3号艇の枝尾賢選手はこれを受け止めて4コースに退く形になりました。

レースは、スタートから3コース進入となった2号艇の瓜生正義選手が渾身のまくり差しを仕掛けるものの、6号艇の西山貴浩選手と競り合って後退。これで1号艇の桑原悠選手の勝利は確定しました。

登録番号4497の桑原悠選手は、長崎支部所属の33歳(レース当時32歳)で、九州地区選手権2019(芦屋競艇G1)も優勝しているため、同競走の連覇達成となりました。G1はこれで2勝目のため、まさに地区選の申し子といえるでしょう。

そんな桑原悠選手は、九州地区選手権2021(大村競艇G1)にも登場します。ここも快走しての3連覇なるか、注目が集まります。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の開催期間

2021年2月8日(月)~2月13日(土)

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の出場選手

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の出場選手

九州地区選手権2021(大村競艇G1)に出場する選手の一覧です。九州地区選手権2017(福岡競艇G1)の勝者である田頭実選手、九州地区選手権2018(若松競艇G1)の勝者である仲谷颯仁選手、そして2連覇中の桑原悠選手と、直近の優勝経験者が顔をそろえました。

ベテランから若手まで、どこからでも狙える楽しみな開催です。選手個人のファンとしても、応援に熱が入る一戦になるでしょう。リストからお気に入りの選手を探しておいてください。地元地区戦での高いパフォーマンスに期待が掛かります。

級別 登録番号 選手名
A1 3257 田頭 実
A1 3265 今村 暢孝
A1 3284 渡邊 伸太郎
A1 3349 吉田 一郎
A1 3473 石川 真二
A1 3514 山一 鉄也
A1 3576 白水 勝也
A1 3623 深川 真二
A1 3779 原田 幸哉
A1 3783 瓜生 正義
A1 3898 平田 忠則
A1 4070 中村 亮太
A1 4101 三井所 尊春
A1 4102 益田 啓司
A1 4112 大久保 信一郎
A1 4136 江夏 満
A1 4148 枝尾 賢
A1 4171 榎 幸司
A1 4174 赤坂 俊輔
A1 4189 川上 剛
A1 4256 渡辺 浩司
A1 4287 今井 貴士
A1 4288 永田 啓二
A1 4296 岡崎 恭裕
A1 4320 峰 竜太
A1 4350 篠崎 元志
A1 4351 里岡 右貴
A1 4352 下條 雄太郎
A1 4364 池永 太
A1 4371 西山 貴浩
A1 4413 水摩 敦
A1 4433 川野 芽唯
A1 4445 宮地 元輝
A1 4447 深川 麻奈美
A1 4451 松崎 祐太郎
A1 4477 篠崎 仁志
A1 4497 桑原 悠
A1 4500 山田 康二
A1 4503 上野 真之介
A1 4504 前田 将太
A1 4521 小池 公生
A1 4522 古澤 光紀
A1 4530 小野 生奈
A1 4533 松田 大志郎
A1 4545 岡村 慶太
A1 4556 竹井 奈美
A1 4566 塩田 北斗
A1 4715 村上 遼
A1 4802 中田 達也
A1 4831 羽野 直也
A1 4848 仲谷 颯仁
A1 4932 新開 航

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のアクセス

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のアクセス

九州地区選手権2021(大村競艇G1)は、長崎県大村市にあるボートレース大村(大村競艇場)で開催されます。競艇発祥の地として知られる大村に、地区選の開催の順番が回ってきました。ベテランの技巧が勝る傾向にある大村開催ですが、今回はどうなるでしょうか。

全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、大都市を中心として緊急事態宣言が発出されています。長崎県は緊急事態宣言の対象地域ではありませんが、同じ九州の要衝である福岡県では自粛要請が続いており、当初の終了予定である2月7日から1ヶ月の期間延長が見込まれています。

2021年2月2日(火)現在では、九州地区選手権2021(大村競艇G1)は有観客開催になる旨が発表されています。ただし、感染防止のために場内の滞留人数を2,000人に限定しているため、入場制限が実施される可能性に留意しておきましょう。

参考記事:GⅠ第67回九州地区選手権競走の本場入場について – ボートレース大村

ボートレース大村(大村競艇場)の住所・電話番号・問い合わせフォームURL

住所 長崎県大村市玖島1-15-1
電話番号 0957-54-4111
問い合わせフォーム 大村市競艇企業局問い合わせフォーム

ボートレース大村(大村競艇場)への電車&無料タクシー&車でのアクセス

ボートレース大村(大村競艇場)への電車&無料タクシー&車でのアクセス

ボートレース大村(大村競艇場)の最寄り駅はJR大村駅です。JR大村駅からは無料タクシーが運行しており、徒歩ではつらい距離を快適に移動できるよう配慮されています。

また、車を利用する場合も、各拠点から近いのが魅力です。長崎自動車道の大村ICからは約15分、ETC装着車限定の木場スマートICからは約10分の道のりで、細かく分かれているものの、無料駐車場が用意されています。

ボートレース大村(大村競艇場)への無料バス&無料高速船でのアクセス

ボートレース大村(大村競艇場)への無料バス&無料高速船でのアクセス

ボートレース大村(大村競艇場)の特色として、ほかの競艇場でも見られる無料バスのみならず、無料高速船が運行している点を挙げられるでしょう。

無料バスは長崎方面からは長崎駅前県営バスターミナル、浦上駅前、馬町から運行しています。また、諫早方面からも諫早と県界から運行していて、1時間以上に渡る長距離を無料で移動できるありがたさがあります。

さらに、高速船は時津港と長与港から運行していて、ボートレース大村まで届けてくれるので、旅打ちの楽しみにも味わってみる手はあるでしょう。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のレース展望

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のレース展望

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の公式特設サイトに、今開催のレース展望がアップされていました。

トップレベルの選手が集う九州地区選手権2021(大村競艇G1)を概観する濃厚な内容になっているため、現況の把握に役立ちます。引用してみましょう。

シリーズを牽引するのは、2020年の平和島グランプリを制した峰竜太。SGでも常に安定した好成績を残して、黄金のヘルメットを手にしたのは記憶に新しい。大村は以前から好相性で、7Vの実績がある。ただ、特別戦での優勝は未経験。昨年の周年記念では準優勝と悔しい結果だっただけに、大村で初のG1Vへ気合は十分だ。

また、昨年住之江オールスターでSG覇者の仲間入りを果たした篠崎仁志も怖い存在。昨年当地で行われたG2、MB誕生祭を制していて、得意水面で再び大暴れを見せる。もちろん、瓜生正義、岡崎恭裕ら銘柄級に、近年活躍の場を広げている上野真之介らも怖い存在。地元からはSG常連の原田幸哉を筆頭に、昨年のグランプリシリーズで準優入りを果たした桑原悠に注目。桑原は19、20年の今大会を制していて、3連覇への期待が掛かる。

冬場の大村の傾向としては、あまり大きな変化はなく、インが強い印象。風向きも通年を通してSラインに対して左横風が多い。ただ、1M側には防風ネットがないため、1M側から強い向かい風が吹いた時はレースが荒れる可能性がある。

エンジンは20年の6月から使用していて、相場は大体固まっている。冬場になってから動きがいいのは、26号機で、昨年の12月の一般戦で丸岡正典が手にして抜群の動きを見せていた。18号機は初下ろしから気配が良く、近況の動きも上位。58号機は実戦足が軽快で、バランスが取れている。11号機は伸びを中心とした好素性機で、楽しみがあるエンジン。

出典:レース展望 – 九州地区選手権2021(大村競艇G1)特設サイト

このとおり、選手の仕上がりのみならず、大村の水面の状況やモーターの出来に触れており、包括的に舟券戦略に組み込める情報が満載となっています。

とりわけ、展望内のモーター評価は役立つものであり、ここで名前の挙がった26号機、18号機、58号機、11号機の4つはモーター抽選から注目しましょう。これら4つを手にした選手は、準優勝戦までの小さい着順を重ね、優出さえも手にするかもしれません。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)が行われるボートレース大村の特徴

九州地区選手権2021(大村競艇G1)が行われるボートレース大村の特徴

競艇(ボートレース)発祥の地、大村。その最大の特徴は、インがえげつないくらいに強いというものでした。インの1着率は堂々の1位であり、スタートを決めたうえでよほどターンで下手を打たない限り、前々で残るであろうコース特性です。

大村における舟券予想において、1号艇を外すのは相当に無謀な選択といえるでしょう。裏を返せば、1号艇が舟券対象外になるようなレースは、ほとんどが万舟券出現クラスの大荒れに類します。

施設改修工事により、2018年からボートレース大村(大村競艇場)でもナイター開催が始まり、予想する楽しみが一段と増えました。名称は「発祥地ナイター」と、大村競艇だからこその名称となっています。

このボートレース大村で華々しく始まった発祥地ナイターが、また競艇予想で大きく当てたいと願う穴党泣かせなデータを残している点は、しっかりと認識しておきましょう。今回の九州地区選手権2021(大村競艇G1)もナイター開催ですので、この影響をもろに受けるのは間違いありません。

発祥地ナイターが始まった2018年以降、インの1着率は70%にまで伸びました。さらに、3連対率は89%に上昇し、9割の大台さえ見えてきています。イン不利の代表格であるボートレース戸田(戸田競艇場)と比べると、10%以上の開きがあるほどです。

これこそボートレース大村を舟券予想で攻略するにあたって、間違いなく忘れてはいけない特徴といえるでしょう。

本サイトでは、さらにボートレース大村(大村競艇場)に関して詳しく解説した記事を用意しております。九州地区選手権2021(大村競艇G1)を楽しみ、予想の参考にするのはもとより、来場する際のハンドブック代わりにもお使いください。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦有力選手

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦有力選手

九州地区選手権2021(大村競艇G1)は、2つのドリーム戦が予定されています。ただ、ボートレース大村は、ドリーム戦の枠番および組み合わせは前検日での発表というサプライズを用意してきました。

よって、本来は各レースごとの有力選手紹介をしておりましたが、今回は全体の12名について総合的な情報をお伝えし、その後に特に力の発揮が見込まれる3名を紹介します。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦に出る12人の情報

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦に出る12人の情報

ドリーム戦に出場する選手の把握から始めましょう。以下の12人が、今開催を牽引するスター選手として選抜されました。

所属支部 登録番号 選手名
佐賀 3623 深川 真二
長崎 3779 原田 幸哉
福岡 3783 瓜生 正義
福岡 4296 岡崎 恭裕
佐賀 4320 峰 竜太
福岡 4350 篠崎 元志
長崎 4352 下條 雄太郎
福岡 4371 西山 貴浩
福岡 4477 篠崎 仁志
長崎 4497 桑原 悠
佐賀 4503 上野 真之介
福岡 4530 小野 生奈

福岡支部6名、佐賀支部3名、長崎支部3名、合計12名です。支部の規模のバランスに合わせた形ですが、やはり福岡支部の存在が数のうえでは目立ちます。

それでも、いずれ劣らぬ猛者たちであり、数がすべてではありません。この12人が九州地区選手権2021(大村競艇G1)を牽引していくでしょう。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦で注目は深川真二・瓜生正義・桑原悠

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦に出場する12人の中から、舟券を予想していくうえで面白く、また本開催に適性があるであろう3人の選手を特別にチョイスしました。

すなわち、佐賀の深川真二選手、福岡の瓜生正義選手、そして長崎の桑原悠選手です。それぞれ見ていきましょう。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦で注目/深川真二

深川真二選手は、今年で47歳になるベテランです。SGも2回制している紛れもない実力者ですが、意外にも九州地区選手権を制した経験がありません。

ただ、先にも九州地区選手権の予想情報で述べたとおり、ベテランが幾度となく勝利した歴史を持っています。であれば、ここは十全の活躍を期待できるでしょう。

事実として、深川真二選手は大村競艇場では12回の優出と7回の優勝を経験しています。地元地区ということもありますが、これはホームの唐津競艇場を除けば、平和島競艇場と並んで最多の数字です。

前節の地元の周年である全日本王者決定戦(唐津競艇G1)では、準優勝戦で1号艇を勝ち取りながらも、2コースの古賀繁輝選手の差しにやられ、5着と大敗してしまいました。最終日の特別選抜B戦では勝利したものの、悔しい思いをしたでしょう。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)は、そうしたフラストレーションを晴らす機会としても絶好の舞台といえます。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦で注目/瓜生正義

ただ、九州のベテランでいえば、この人を忘れてはいけません。それが「正義のヒーロー」こと瓜生正義選手です。SG優勝は10度を数える、九州の英雄とはまさにこのこと。

前節の江戸川大賞2021(江戸川競艇G1)でも好戦し、見事に優勝戦まで駒を進めたものの、同じ福岡の西山貴浩選手のイン逃げを捉えられませんでした。

もともと人気者だった西山貴浩選手が、いよいよ実績まで身につけてきたわけで、しかも、今回の九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦にも名を連ねています。さらにタイトルを重ねてしまうのかといった空気に、待ったをかけられるのは同じ若松の瓜生正義選手でしょう。

地元福岡では無敵の瓜生正義選手は、大村でも20回の優出と5回の優勝を誇ります。1着率は36.2%。一時期はスタート事故もあってか不調で成績を落としていましたが、つつじ賞王座決定戦2019(津競艇G1)とオーシャンカップ2019(常滑競艇SG)の優勝から、再びヒーローが帰ってきました。

オールドファンからも絶大な支持を集める瓜生正義選手です。ここでも好戦を期待できますし、優出へのポテンシャルも熱烈に秘めているでしょう。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のドリーム戦で注目/桑原悠

ただ、深川真二選手、瓜生正義選手の両ベテラン以上に燃えているのが、九州地区選手権2019(芦屋競艇G1)、九州地区選手権2020(唐津競艇G1)と連覇を達成し、今回の九州地区選手権2021(大村競艇G1)で3連覇のかかる桑原悠選手です。

1987年生まれの33歳は、地元開催ならばいよいよ追い風といったところでしょう。年明け3戦こそ優勝を逃したものの、2020年の最終戦だった「歳末特選レース・福岡観光コンベンションビューロー杯(福岡競艇一般)」では、風速7mの波高7mというタフな環境を1号艇1コースで抜きでの勝利という、激しい展開を制しました。

ボートレースクラシック2019(戸田競艇SG)でSG初出走初勝利、さらには初優出を達成し、ここ2年の才能の開花は目覚ましいものがあります。数字の面では見劣りしますが、伸び盛りの力は決して侮れません。

長崎支部では、転籍から4年経ってすっかり顔となった原田幸哉選手のほうが目立つ存在ではありますが、史上2人目の地区選3連覇の権利を持つ者として、すばらしい競走に期待が掛かります。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の予想のコツ

九州地区選手権2021(大村競艇G1)の予想のコツ

九州地区選手権2021(大村競艇G1)においては、ここまで名前を挙げた選手のほかにも、峰竜太選手、篠崎元志選手、篠崎仁志選手、岡崎恭裕選手、上野真之介選手、下條雄太郎選手といった実力も人気もある選手が出走します。

さらに、大村では際立って良い成績を残す今井貴士選手や松田大志郎選手などは、予想をするうえでは軽視してはならない存在でしょう。

実力が名望を高める競艇で、そんな地域の人気者が集まる地区選だからこそ、ファンからすれば意外な選手がデータどおりの活躍をすることで、穴目を演出する可能性を考慮したいところです。

そういった意味で、全国でも大村でも勝率を7点台に乗せている選手にも要注目でしょう。今までに名前を挙げていない選手でも、中村亮太選手、前田将太選手、古澤光紀選手、山田康二選手、小野生奈選手はそれに該当します。

中でも小野生奈選手は、女子選手ながらもドリーム戦に名を連ね、男女混合の大レース制覇に近い存在としての実績を誇っている点に、ぜひとも注目しましょう。

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のまとめ

九州地区選手権2021(大村競艇G1)のまとめ

名より実を取る。これこそが九州地区選手権2021(大村競艇G1)におけるテーマであり、予想の根幹ともいえるものです。

大村は競艇の特性であるインの強さを如実に示すとともに、「それでも10回に1回は1号艇が3着にも入らない」という事実を教えてくれる点に、逆から注目してみましょう。

日によっては、すべて1号艇勝利のときもあります。本命から狙うレース、穴の可能性が充分にあるレース。それらの見極めを育てる意味でも、九州地区選手権2021(大村競艇G1)は優秀な教材です。

この難解な問題を読み解き、良い思い出とともに競走を見守りましょう。懐の暖かさが眼差しの温かさです。素寒貧ではまともに選手に応援できなくなるかもしれません。無理をしない。そのうえでリスクを取る。大村での予想からの的中という勝利は、そこに待っています。