競艇初心者に解説!予想で押さえておきたい「堅いレース」とは?

競艇初心者に解説!予想で押さえておきたい「堅いレース」とは?

UPDATE:2019.08.14
競艇予想

競艇の予想で着実に利益を上げるためには「堅いレース」を外さずに舟券を購入していくことが重要です。そこで今回は、競艇における「堅いレース」とはどのようなものかを解説しつつ、「堅いレース」を見極める様々なポイントについて解説していきます。

競艇における「堅いレース」とは

まず、競艇における「堅いレース」とはどのようなレースなのかを軽くまとめておきましょう。「堅いレース」の定義は競艇ファンそれぞれでしょうが、競艇初心者にも分かりやすい考え方の定義をひとつ紹介するとするならば、それは「インコースの勝率が高いレース」である、ということができます。

これはどういうことかというと、そもそも競艇においては「インコースが圧倒的有利」という定石があります。つまり基本的には競艇ではインコースを軸にして予想するのが、特に競艇初心者にとっては「的中しやすい」ベーシックな予想方法となっています。この定石にプラスする形でインコースの勝率が高い様々な要素が出そろうことがあれば、そのレースはより一層的中率が高まった「堅いレース」になっていく、というわけです。

それではここから具体的に、「堅いレース」を見極めるためのポイントについて、分かりやすく解説していきましょう。

堅いレースを見極めるポイント①:堅いレースが開催されやすい競艇場を知ろう

競艇では競艇場ごとにそれぞれ特徴がある

特に競艇初心者の方にまず押さえていただきたいのは、競艇では競艇場ごとにそれぞれコースの形状や気象状況、あるいは水面状況などの点において特徴がある、ということです。こういった要素はレースの行方も左右するために、堅いレースが起きやすい(=インコースが勝ちやすい)競艇場と、そうでない競艇場とが存在します。

もちろん、自分の身近にある競艇場でレースを楽しみたいという気持ちもあるでしょう。しかし、「舟券を買って的中させて着実に利益を上げる」ことのみを考えるのであれば、身近であるかどうか関係なく、堅いレースが起きやすい競艇場のレースの舟券を購入することが重要です。

幸いにも、競艇はインターネットを使えばどの競艇場の舟券も購入することができます。競艇場の特徴を知り、堅いレースが起きやすい競艇場とはどのような競艇場なのかを、まずは理解しましょう。

堅いレースが起きやすい競艇場①住之江競艇場

住之江競艇場は、工業用水とスタンドに降る雨水が利用された人工水面であり、コースの水質は当然、淡水であるため、潮の満ち引きもなくレースが荒れにくい競艇場です。コース水面は南北方向に伸びており、夏は向かい風、秋冬は追い風が多くなる傾向にはありますが、四季を通じて無風の時が3割を占めていることも、レースが堅いことの要因となっています。

さらに、住之江競艇場は、センターポールから第1ターンマークの振り幅が6mと比較的小さめとなっています。そのため、インコースの選手が直線で走ってターンできるので、インコースが強い傾向にあります。「競艇はインコースが有利という定石」に加えて、なおさらインコースに有利に働く要素が揃っている住之江競艇場では、結果的に堅いレースが起きやすくなっている、というわけです。

堅いレースが起きやすい競艇場②尼崎競艇場

尼崎競艇場も湿地帯を掘り下げて作った人工プールであるために、水面特性にあまり大きな特徴がありません。また、モーニングやナイターといった変則的な日程でのレースもないので、競艇初心者にも予想が組み立てやすい競艇場とされています。

さらに一年を通じて気象状況の変化が少ないために、レース展開にクセがなく堅いレースが起きやすいです。その証拠に、尼崎競艇場では1号艇の勝率がどの季節でも5割を超えている一方で、5号艇の勝率は5%前後、6号艇に至っては1%台に留まっています。

堅いレースが起きやすい競艇場③徳山競艇場

徳山競艇場は瀬戸内海にある競艇場です。海にある競艇場は水面が荒れやすくレース展開も荒れやすい傾向にあります。しかし、瀬戸内海は全国的にも穏やかな海として知られており、徳山競艇場も波が荒れることが少ないために、海にある競艇場であるにも関わらず水面が穏やかな状況になることが多い(=レースが荒れにくい)という特徴があります。

また、徳山競艇場は海沿い・山の麓という立地の影響で、向かい風が遮られ、追い風が一年を通じて吹きやすいという特徴もあります。競艇では、追い風が吹くとスロースタートのインコースが加速しやすくなるなどして有利になる、というロジックがあります。このことから、やはり徳山競艇場でもインコースの勝率がかなり高い値で常に安定しており、堅いレースが起きやすいといえるのです。

堅いレースが起きやすい競艇場④唐津競艇場

唐津競艇場は、唐津城で有名な佐賀県唐津市にある競艇場であり、人工プールを活用した淡水の競艇場となっています。唐津競艇場の特徴は、年間を通じて追い風が吹きやすい傾向にあることと、コースレイアウトにゆとりがあるために、アウトコースから内側へと絞りに行くのが難しいこと。これらの要因により唐津競艇場のレースでは1号艇の勝率が50%超で安定しており、さらに入賞率(3着までに入る確率)は80%を超えています。

ただし、唐津競艇場では夏になると向かい風が吹くこともあります。特に向かい風が強まるような場合はインコースのボートに不利に働くことになるので、向かい風の日のレース予想は慎重にした方がよいといえます。

堅いレースが起きやすい競艇場⑤大村競艇場

大村競艇場は、長崎県大村市の大村湾にある競艇場です。大村競艇場の場合は、まずレース場の構造からして追い風が吹きやすい構造になっています。さらに、ピットが第2ターンマークの観客席側に設置されているために、アウトコースのボートレーサーにとっては窮屈でやや走りにくいコースレイアウトになっています。こういった特徴から、大村競艇場は「1号艇が強い競艇場」として競艇ファンの間でも有名な存在となっています。

しかし、大村競艇場の場合は「2号艇の勝率はそこまで高くない」という特徴もあったりします。1号艇の勝率が圧倒的に高いために、それ以外のボートの勝率の差が開きづらい、ということだと解釈できますが、いずれにしろ連単・連複あるいは三連単・三連複の舟券を購入したい場合、2着以下に入るボートの予想にはやや苦戦するかもしれません。

堅いレースを見極めるポイント②:ボートレーサーのランクと割り振られるモーター、出身地に注目しよう

ボートレーサーのランクとは

現在、競艇界では約1,600名のボートレーサーが活躍していますが、彼ら彼女らは過去のレースの勝率や事故率などの要素を基に「A1」「A2」「B1」「B2」の4段階のランクに分けられています。ボートレーサーのランクは毎年1月と7月に更新されており、それぞれ過去6か月間のデータを元にランク分けが行われています。

初心者の方は「競艇のレースはランク別に行われるの?」と勘違いしてしまうこともあるのですが、競艇のレースはグレードの高いレースを除き、基本的にはランクに関係なく行われます。つまり最上ランクのA1と一番下のB2のレーサーが同じレースを走ることもある、ということ。もしインコースにランクの高いボートレーサーがひとり配置されているようなレースがあれば、そのレースは比較的堅いレースだといえそうです。

ボートレーサーに割り振られるモーターとは

競艇においてはレース大会ごとにモーターが抽選で割り振られることになっています。モーターはすべて同じ機種を使いますが、それぞれ少しずつ性能差があり、中でも飛び抜けて調子の良いモーターは「超抜(ちょうばつ)モーター」と呼ばれています。

もしインコースに超抜モーターが割り振られたレーサーが配置されれば、これまた堅いレースとして狙い所となります。モーターの調子は必ず確認しておきましょう。

ボートレーサーの出身地とは

ボートレーサーは、全国各地に24か所ある競艇場のうちいずれかの競艇場(支部)に「所属」しており、そこがいわゆる「本拠地(ホーム)」となっています。本拠地となっている競艇場については、先にご紹介したようなコースや気象状況の特性を熟知していますから、ホームの競艇場で開催されるレースでは地元選手が有利になる傾向があります。そのため、地元選手がインコースに入るようなレースがあれば、やはりそのレースは比較的堅いレースになるといえるでしょう。ボートレーサーの出身地も要チェックです。

堅いレースを見極めるポイント③:「準優勝戦」や「優勝戦」を狙おう

競艇では1つのレース大会を数日間かけて開催していきます。ボートレーサーたちは最初の数日間行われる「予選」を戦い抜いていき、最終的に成績の良かったボートレーサーのみ、終盤の「準優勝戦」や「優勝戦」に参戦できる、という仕組みになっています。

そして、ここで重要なポイントがひとつ。それは、準優勝戦や優勝戦では、予選での成績が高い順にインコースが与えられる、ということです。つまり、準優勝戦や優勝戦では必然的に、インコースに調子の良いレーサーが割り振られることになっているのです。

あえて準優勝戦と優勝戦を比較するならば、まだ出場するボートレーサーの人数が多い準優勝戦の方がボートレーサー間の実力差があるので、インコース>アウトコースの図式がより強く成立します。特にグレードの高いレースの場合は、優勝戦ともなると出場する全てのボートレーサーの実力差が拮抗していることも多いので、インコース有利の法則がやや弱まることもあります。

まとめ

今回は、競艇における「堅いレース」とはどのようなものかを解説しつつ、「堅いレース」を見極める様々なポイントについて解説してきました。競艇場の特性、ボートレーサーやモーター、そして「準優勝戦」と「優勝戦」といった要素は、競艇初心者にとっても比較的理解しやすいポイントといえるでしょう。もちろん、これら以外にも競艇予想で大事にしてほしいポイントは様々有りますが、まずはこれらの基礎的な内容をしっかりと押さえておくことをオススメします。