競艇予想の参考に!?ボートレース記者・藤原邦充さんについて紹介!

競艇予想の参考に!?ボートレース記者・藤原邦充さんについて紹介!

UPDATE:2019.08.27
競艇関連の有名人

スポーツ報知・大阪本社でボートレース記者として活躍されている藤原邦充をご存知でしょうか。普段、競艇の記事を見ることがある人であれば、彼の書いた記事を目にしたことがある人もいるはずです。ですが実は藤原さんは、競艇に対する熱量が高いゆえか、自身でブログを立ち上げ、そこで競艇予想の情報を配信しており、これが実は競艇の初心者には参考になるとかならないとか…。今回は、藤原邦充さんについて解説していこうと思います。

藤原邦充さんとはどんな人物なのか

藤原邦充さんとは

まず最初に藤原邦充(ふじわら・くにみつ)さんは、1974年2月14日に香川県観音寺市生まれの現在35歳。近畿大学を卒業し、1998年に報知新聞大阪本社に入社します。この時、新人恒例の甲子園取材において当時人気絶頂だった松坂世代とぶち当たることになります。

実は藤原さんの世代は、後に報知新聞社で「黄金世代」とされた世代の社員たちと比較されて、社内では「ローテーションの谷間世代」と呼ばれていました。藤原さんは、文化部で吉本興業を担当した後、競技部で競馬と競艇を1年ずつ経験、運動部へと渡り歩き、2005年10月から2度目の競艇を担当することになり、現在に至っています。つまり競艇の記者歴は通算15年、ということになります。

藤原さんの趣味は競馬、旅、食べ歩きで、出張先で「さぬきうどん」の看板をみると入らずにはいられないとのこと。現在は関西地方を中心に活動しており、記者として競艇の記事を担当・執筆をしたり、競艇に関するブログ記事を書いたり、他には「舟券予想会」などのイベントに呼ばれるなど、とてもマルチに活動されています。

藤原邦充さんのSNSでの活動

藤原さんはTwitterとFacebookのアカウントを開設・運用しており、Twitterはフォロワー約4,000人。Twitterでは主にスポーツ報知で自身が執筆した記事や、個人のブログへのリンクを投稿したり、ときたま競艇に関するプチ情報などをツイートしています。

Facebookの方は、Twitterとは打って変わりご飯の写真が多く、個人的なことを呟いているようです。

藤原邦充さんがイベントにも解説として参加

ボートピア神戸新開地にて平成26年9月15日(月)のGⅠ赤城雷神杯(桐生ナイター)にて、藤原さんは解説に抜擢されています。通常、スポーツ新聞のいち記者が解説に登場することはあまりありませんが、藤原さん自身がかなり競艇にめり込んでおり、スポーツ新聞記者の枠にとどまらない幅広い知識とノウハウを有していることが見込まれての大抜擢となりました。

藤原邦充さんのブログでは競艇予想の情報が見られる!

「関西ボートレース記者 藤原邦充のブログ舟券」とは

藤原さんはブログを運営しており、その名前は「関西ボートレース記者 藤原邦充のブログ舟券」です。

このブログは2018年11月3日(土)から投稿がスタートしており、そこからほぼ毎日更新されています。その日に行われる競艇のレースについて、どのような流れでレースが展開されるかを予想し、もし舟券を購入するならばどこが「狙い目」となるかを解説してくれています。また、記事内に写真を添付していることもあり、とてもわかりやすく、かつ見やすい内容となっています。ただし、ウェブの予想屋などとは違い、競艇予想の的中結果については述べていないようなので、実際のところ的中率がどうなのかまでは分かりかねます。しかし、長年競艇を担当してきた記者の予想情報ですから、特に競艇初心者にとっては参考にできるものといえるでしょう。

ブログに書かれている内容は競艇予想だけではありません。競艇場や、競艇場のあるエリアで楽しめるグルメについて写真付きでレポートしてくれる記事もあり、こちらも競艇をレジャーとして楽しみたいファンにはとても参考になる内容といえます。

「関西ボートレース記者 藤原邦充のブログ舟券」のバラエティ豊かなカテゴリ

藤原さんのブログのカテゴリが36もありバラエティ豊かな内容になっています。中には「ちかりん」というカテゴリがあり、こちらは記事の数も多いです。ちかりんというのは平山智加さんのことで、香川県丸亀市出身の競艇選手です。2008年、同県の先輩である競艇選手の福田雅一と結婚し、それ以降産休をしつつ、今年に至るまで選手を継続しています。

藤原さん以外にも!スポーツ報知の記者アカウントをフォローしよう!

実は、今回ご紹介している藤原さん以外にも、競艇予想の情報を出しているスポーツ報知の記者がいます。その名も「特命平社員Y(報知西部)」。「特命平社員Y(報知西部)」さんは、ツイッターでアカウントを開設・運用しており、競艇の予想情報をツイートしたりしています。

「特命平社員Y(報知西部)」さんの経歴は、元々は競艇や競輪を担当しており、現在は野球のボーイズリーグを担当したり、Web管理をしたりなど様々な業務を担当されています。ツイッターでは「小遣い制サラリーマンが限られた軍資金で舟券を楽しむこと」をコンセプトに、2点買いに絞った舟券予想の情報を公開しています。

コンセプトどおり、競艇で一攫千金を狙ったり、あるいはガッツリお金儲けを狙うというよりは、限られた予算でコツコツ競艇を楽しみたい、というタイプの競艇ファンにより参考になる情報といえるかもしれません。

まとめ

今回は、ブログ記事などで競艇予想の情報を公開しているスポーツ新聞記者、藤原邦充さんについてご紹介してきました。藤原さんはスポーツ新聞記者として競艇の記事を執筆することはもちろんのこと、競艇を好きでいるあまり自身の予想情報を積極的に公開したり、イベントにも参加したり、さらには競艇の解説としての活動などもされています。

藤原さん以外にも競艇について予想を公開しているスポーツ報知の社員の方もいるように、仕事の枠を超えて楽しめるのが競艇という競技の面白さといえます。スポーツ報知は競艇に関する記事や予想情報を会社としても積極的に配信しているので、特に初心者の競艇ファンはぜひともチェックしてみてください!