三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の予想!上條暢嵩を若手と侮るなかれ!

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の予想!上條暢嵩を若手と侮るなかれ!

UPDATE:2021.07.15
ボートレース情報

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)は、グレードレースの風格に、企画開催の色も十分に備わった異色の開催です。

何しろ、正式な開催名称は「三国モーターボート大賞~昭和平成無差別マッチ~」となっており、その名前のとおりに幅広い年代の一流ボートレーサーがあっせんを受けました。ベテランから若手まで、時を超えた激しいバトルが展開されるでしょう。

本記事では、三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の詳細や魅力をお伝えするとともに、予想に役立つ注目選手情報や水面攻略についてもお知らせします。ぜひ最後までご覧ください。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の詳細情報

ボートレース三国の公式による、三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のCM動画です。

このCM動画では「開催告知CMキーワードクイズ」の答えも発表されており、三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の特設サイトの応募フォームに正しく入力することで、抽選でクオカードが当たるキャンペーンに応募することができます。

昭和と平成、円熟と新鋭のぶつかりあいに心躍らせつつ、まずは軽くの運試しをしてみるのも悪くないかもしれません。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の開催期間

2021年6月29日(火)~7月4日(日)

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の出場選手

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の出場選手

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)に出場する選手の一覧です。昭和と平成、2つの年代に生まれ育った名選手たちが、ずらりと顔をそろえました。お気に入りの選手がいるかどうかをチェックし、来たるべき本番に備えましょう。

級別 登録番号 選手名
A2 3612 馬袋 義則
A1 3622 山崎 智也
A1 3654 武田 光史
A1 3719 辻 栄蔵
A2 3814 金子 貴志
A1 3833 中辻 博訓
A1 3959 坪井 康晴
A2 4006 小野 勇作
A1 4013 中島 孝平
A1 4030 森高 一真
A1 4042 丸岡 正典
A2 4066 東本 勝利
A1 4074 柳沢 一
A1 4096 石橋 道友
A1 4101 三井所 尊春
A1 4278 藤岡 俊介
A2 4370 山口 達也
A1 4391 松田 祐季
A2 4424 松尾 昂明
A2 4437 中田 元泰
A2 4442 松竹 大輔
A2 4469 土山 卓也
A1 4504 前田 将太
A2 4528 黒井 達矢
A1 4532 秋元 哲
A1 4537 渡邉 和将
A2 4539 金子 賢志
A2 4553 坪口 竜也
A2 4581 吉村 誠
A2 4587 木田 峰由季
A1 4601 森野 正弘
A2 4608 荒井 翔伍
A1 4659 木下 翔太
A2 4677 片橋 幸貴
A1 4719 上條 暢嵩
A1 4757 山田 祐也
A1 4759 今泉 友吾
A2 4769 馬場 剛
A2 4771 下寺 秀和
A1 4772 石丸 海渡
A2 4796 春園 功太
A2 4817 渡邉 翼
A2 4824 松井 洪弥
A1 4828 松山 将吾
A2 4839 四宮 与寛
A1 4851 関 浩哉
A1 4856 豊田 健士郎
A2 4857 加藤 翔馬
A1 4908 上田 龍星
A2 4910 中村 泰平
A2 4930 佐藤 悠
A2 5015 高橋 竜矢

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のアクセスと新型コロナウイルス対策

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のアクセスと新型コロナウイルス対策

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)は、福井県坂井市にあるボートレース三国(三国競艇場)で開催されます。初夏の北陸での昭和平成バトルは、実にわくわくする展開を見せてくるでしょう。

2021年6月下旬現在、全国的に新型コロナウイルス(COVID-19)が流行中ではあるものの、感染者数は抑制傾向にあり、日本政府が発令していた様々な自粛のための政策が段階的に緩和の方向に進んでいます。

こうした状況下でもあり、今回の三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)は有観客開催が予定されています。ただし、なおも悪疫の猛威が消えたわけではないため、十分な感染防止対策が取られている点にお気をつけください。

参考記事:三国本場営業のお知らせ – ボートレース三国

来場時の注意事項 ・入場門は、新館すなわち2号館のみに限定されています。
・中型バスおよび大型バスでの来場は、事前の電話予約が必須です。後の項目にある電話番号に問い合わせを行いましょう。
入場時の注意事項 ・入場時ならびに場内ではマスク着用が義務付けられています。着用していない場合は入場できず、また場内からの退去を命じられる可能性があります。
・37.5度以上の発熱や咳などの明確な体調不良がある場合、入場できません。
・入場時の検温は赤外線サーモグラフィ、または非接触型体温計で実施します。
・場内の混雑が予想される場合、入場制限を実施する可能性があります。
本場内の注意事項 ・ソーシャルディスタンスを保つため、減席が行われています。テープの貼ってある座席は利用できません。
・キッズルームの利用は、授乳とおむつ交換の用途のみに限定されます。また、利用の際には係員に声をかけるようにしましょう。
・無料湯茶機は利用を停止しています。
・売店内および喫煙所内でのレースライブやオッズ放映を中止しています。
・1号館特別観覧席のシングル席は座席数を制限しています。
・1号館特別観覧席のグループ席AおよびBは2~5名で6,000円、グループ席Cは2~5名で5,000円での販売です。
・2号館指定席のペアシート席は1席1~2名で1,000円、グループ席は1席2~4名で2,000円での販売です。また、団体席は利用を停止しています。
・手荷物預かりも当面の間は中止しています。

ボートレース三国(三国競艇場)の住所・電話番号

住所 福井県坂井市三国町池上80-1
電話番号 0776-77-3131

[重要]ボートレース三国(三国競艇場)への電車&タクシーでのアクセス(※無料バスは運行を休止中です)

[重要]ボートレース三国(三国競艇場)への電車&タクシーでのアクセス(※無料バスは運行を休止中です)

ボートレース三国(三国競艇場)の最寄り駅は、JR北陸本線の「芦原温泉駅」です。しかしながら、芦原温泉駅からボートレース三国本場までは約6kmもの距離があり、歩くと1時間半近くかかってしまいます。

そのうえ、本来は運行している無料バスがコロナ禍を受けて運行を中止しているため、タクシーを利用するしかない点に注意が必要でしょう。

えちぜん鉄道三国芦原線の「あわら湯のまち駅」はさらに本場に近いですが、こちらも約2kmの道のりで、徒歩30分ほどは覚悟しなければなりません。こちらも無料バスの全線運行休止の影響を受けている点を確認してください。

現状、三国への公共交通機関のみを用いたアクセスは非常に困難です。タクシーも交えた形での移動になるでしょう。

ボートレース三国(三国競艇場)への自動車でのアクセス

ボートレース三国(三国競艇場)には約2,300台収容可能な無料駐車場が用意されており、こちらは現在の状況下でも利用が可能です。最寄りインターチェンジは北陸自動車道の「金津IC」で、下りてから約15分ほどで到着するでしょう。また、「丸岡IC」や「加賀IC」からも約30分でアクセス可能です。

ただし、新型コロナウイルス流行の影響を受け、鉄道利用者サービスとともに高速道路利用者サービスも中止されているため、これらの恩恵は受けられません。その点を了解のうえで利用しましょう。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のレース展望

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のレース展望

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のレース展望について、ボートレース三国の公式ウェブサイトに各世代から迫ったものがアップロードされていました。引用して本開催の魅力と勢力図を確かめていきましょう。

昭和生まれと平成生まれによる激熱GⅡレース!

6月29日から開催のG2三国MB大賞は「昭和平成無差別マッチ」の副題どおり、昭和生まれと平成生まれがおおよそ半分ずつのあっせんとなる特別戦。実績を見るとやはり昭和組が目立つが、近況のビッグレースでは若手の活躍が著しいこともあり、どちらに勢いがあるのかハッキリさせようではないかと、まさに注目の企画となっている。

V候補筆頭は地元のエース中島孝平だ。今年は約8年ぶりにG1制覇と復調ムード。巧腕、速攻派、曲者と強豪ぞろいのシリーズとなるが主役は譲れない。昭和組から注目選手を挙げると、4月の住之江G1で優勝した坪井康晴、グランプリ覇者の山崎智也に辻栄蔵もいる。

銀河系からは森高一真と丸岡正典が、3月の当地周年で優出した柳沢一に三国でSG優出歴のある前田将太がズラッと並ぶ。

平成組は大阪の層が厚い。G1タイトルホルダー上條暢嵩にSG優出3回、G1優出12回と平成組の中でも抜けた経験値を持つ木下翔太。そして超新星、上田龍星と強力布陣だ。当地周年でG1初優出した石丸海渡に2016年の最優秀新人、山田祐也。ヤングダービー覇者の関浩哉が参戦と、無差別マッチは最高潮に達する。

出典:レース展望 – ボートレース三国

「昭和平成無差別マッチ」は、このような絵図が描かれました。ベテランの昭和組のほうがネームバリュー、実績ともに勝っているのは間違いないながらも、勢いと技術で迫る平成組の切れ味も捨てがたいものがあります。

とりわけ、ここ数年の平成世代はすさまじい活躍を見せており、綺羅星たちがレース展望のなかでも紹介されていました。

よって、本記事でも後ほどの項目で「平成世代の優勝候補」にフォーカスして、最近の成績を軸に紹介していきます。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)が行われるボートレース三国の特徴

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)が行われるボートレース三国の特徴

ボートレース三国(三国競艇場)の特徴については、本サイトのいくつかの記事でも解説してきました。これらの記事もあわせてご覧いただき、三国の攻略法と魅力を存分に味わっていただければ幸いです。

本記事では、上記とは違った角度から三国の水面の特徴を検証していきましょう。ずばり今回の三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)で重要な、夏の三国水面の分析です。

三国の水面は淡水で硬めの特性を持ち、プール型のコースのために流れや水位の変化などの影響を受けません。それでも決してターンがしやすいほうではなく、基本的にはイン有利です。

ボートレース三国の立地上、夏はとても暑く、冬はとても寒い、選手のタフネスを試す点も捨て置けないでしょう。とりわけ遠征勢はこうした極端な季節に訪れることが多いため、まずは自らのコンディション維持、次に温度湿度にあわせたボートの性能調整が重要になります。

冬は強い北風が吹いて荒れやすい水面ですが、夏はそこまで厳しく荒れ狂うことはありません。しかし、海からの風がよく吹く傾向にあり、概ねホームは追い風となるでしょう。このため、イン有利の傾向はより強まり、差しもまくりも容易には届かなくなります。

シベリア寒気団のつくる激しい冬の風に比べ、夏の海風は比較的穏やかなため、インの艇には利するところが多いでしょう。舟券戦略はインの艇を中心に組み立てることが推奨されます。もちろん、前付けなどで深インが濃厚な場合などは、ある程度の外からの組み立ても大切でしょう。

また、夏の海風も時には結構な強さになります。この場合はインが流れて差しが届く余地が生まれるので、何がなんでも1号艇アタマで組み立てると気負いすぎていると、好配当を逃すかもしれません。直前情報の風速と風向き、それに中継での速報値を参考にしていきましょう。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のドリーム戦に出場する12名が今回の主力

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のドリーム戦に出場する12名が今回の主力

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)では、初日(6/29)の日本海ドリームと2日目(6/30)の東尋坊ドリームのダブルドリーム戦が組まれています。

昭和と平成から6名ずつ選ばれており、今回の開催でシリーズリーダーになりうる選手たちが名を連ねているといえるでしょう。

以下の項目では、ドリーム戦に選ばれた12名の中から、特に優勝候補と呼ぶに値する平成生まれの若手選手を紹介していきます。

所属支部 誕生元号 登録番号 選手名
福井 昭和 4013 中島 孝平
香川 平成 4772 石丸 海渡
群馬 昭和 3622 山崎 智也
大阪 平成 4659 木下 翔太
愛知 昭和 4074 柳沢 一
徳島 平成 4757 山田 祐也
大阪 平成 4719 上條 暢嵩
広島 昭和 3719 辻 栄蔵
群馬 平成 4851 関 浩哉
香川 昭和 4030 森高 一真
大阪 平成 4908 上田 龍星
静岡 昭和 3959 坪井 康晴

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の期待の平成生まれ/石丸海渡

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の期待の平成生まれ/石丸海渡

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)で優勝争いに期待したい平成生まれの選手。1人目は香川の石丸海渡選手です。かつて高校生だったころには、愛媛の今治西高校で夏の甲子園に出場したこともあるスポーツマン。今回は日本海ドリームの2号艇で登場です。

近走の実績も良いところがそろいました。3節前の激突!匠・新鋭ガチバトル(三国競艇一般)は今回と同じようなコンセプトの競走でしたが、12走して11走で3連対を達成しています。惜しくも準優勝戦で3着だったために優出を逃したものの、最終日はその悔しさをぶつけて1着1着と勝利を並べてきました。

前節の第8回ウエスタンヤング(宮島競艇G3)でも高パフォーマンスを見せて、予選は4位通過。しかしながら、再び準優勝戦で3着敗退の悔しさを味わっています。それでも、若手の中ではトップクラスの腕前を見せてくれたといえるでしょう。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)も、ボートレース三国には数多くあっせんされているという追い風があります。出場した際の成績も悪くなく好戦が望めるため、舟券戦略には積極的に起用していきたいところです。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の期待の平成生まれ/上條暢嵩

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)の期待の平成生まれ/上條暢嵩

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)で優勝争いに期待したい平成生まれの選手。2人目は大阪の上條暢嵩選手です。父の上條信一選手(49期)、兄の上条嘉嗣選手(102期)とともにボートレーサーの家系で、彼らに影響を受けて勝負の世界を志しました。

1994年1月4日生まれの27歳ながら、2年前のダイヤモンドカップ2019(下関競艇G1)ですでに初G1制覇を達成しており、実績面でもトップレーサーの仲間入りを果たしています。SG競走においても予選突破を果たした経験があり、頂点を取ることが期待されている逸材です。

3節前の第54回サンケイスポーツ杯(桐生競艇一般)では圧巻の走りで予選トップ通過、さらに準優勝戦と優勝戦でイン逃げを決め、格の違いを見せつけてのVを達成しています。

前節の第8回イースタンヤング(戸田競艇G3)でも優出し、3着に好戦しました。勝率は7.36にまで達しており、もはや若手という枠でくくることが危険ですらある高水準といえるでしょう。

三国での成績も上々。17節参戦して6回の優出と2回の優勝を誇ります。大阪支部所属で技術を上げている段階から参戦していたことを考えれば、劇的な活躍をしても不思議ではありません。東尋坊ドリームでは堂々の1号艇です。今開催で最注目の存在と断言しましょう。

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のまとめ

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)のまとめ

三国モーターボート大賞2021(三国競艇G2)は「昭和平成無差別マッチ」の副題のとおり、昭和生まれと平成生まれのガチバトルという色彩が加わったグレード企画レースでもあります。集まった選手は各年代のトップクラスばかり。わくわくする戦いが繰り広げられるでしょう。

舞台となる三国の水面はイン有利。決して落とせない戦いを着実にモノにできる選手が、次の戦いへ勝ち進む権利を得られます。

しかし、海からの風が強くなってくるようであれば、インのターンさえも押し流すような場面さえも生むかもしれません。この場合、1番差し2番差しが届くパターンも考えられます。差し巧者への注意が必要なロケーションなのは間違いないでしょう。

この熱戦を間近で見たいのは当然ながら、今なお全国的に新型コロナウイルス(COVID-19)の流行が続いています。ボートレース三国の提供するファンサービスや交通サービスにも影響を及ぼしている点は、先にしっかりと確認しておかなければなりません。

6月から7月へ。初夏から盛夏へと移り変わります。猛暑を先取りの激アツバトルを、最高の舟券戦略で攻略していきましょう。