北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の予想!地元の今垣光太郎と30歳の大上卓人に要チェック!

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の予想!地元の今垣光太郎と30歳の大上卓人に要チェック!

UPDATE:2021.06.09
ボートレース情報

3月の3つめのG1競走、北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)が始まります。3月下旬に始まるボートレースクラシック2021(福岡競艇SG)への出場を予定している選手も多数参戦し、見ごたえのあるレースが期待できそうです。

冬から春へと移り変わったボートレース三国(三国競艇場)は、かなり水面の様子が変わってきます。これは同時に決着の傾向も大きく変わることを意味しているため、近畿地区選手権2021(三国競艇G1)とはまた違った検討が必要でしょう。

本記事では、そうした三国の水面にもフォーカスを当てつつ、幅広く情報を網羅しました。北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の舟券予想をスムーズでスピーディーでスマートに仕上げるためにも、ぜひともこの内容をご活用ください。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の詳細情報

北陸艇王決戦2019(三国競艇G1)は、4号艇4コースの吉川元浩選手がすばらしいまくりを決め、優勝戦での逆転優勝を飾りました。赤岩善生選手もスタートを決めただけに、悔しい3着となったでしょう。

5号艇で2コースに前付けした深川真二選手が凹んだのもありましたが、それでもまくり差しではなく1号艇の上から行くまくりでの勝利。吉川元浩選手は2019年から見事に覚醒しました。

北陸艇王決戦は今垣光太郎選手が3勝していて、地元エースの貫禄を見せています。しかし、吉川元浩選手が昨年2勝目をあげ、今垣王朝への挑戦権を手にしました。同じく2回の優勝経験がある太田和美選手は出場しないため、吉川元浩選手だけが3回優勝への権利を保持しています。

今垣光太郎選手の4度目の優勝か、吉川元浩選手の3度目の優勝か、いやいや、新勢力が台頭してくるのか。楽しみの多い開催について、たっぷりと情報をまとめました。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の開催期間

2021年3月11日(木)~3月16日(火)

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の出場選手

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の出場選手

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)に出場する選手の一覧です。日本海側で唯一のボートレース場に、日本でも随一の選手たちが集結しました。しかも、今回はFを持っている有力選手もいるため、思わぬ新勢力の台頭も期待できるかもしれません。

本記事では後段でドリーム戦出場選手を特集しますが、そこの12人から漏れた選手にも注意が必要です。例えば、前回開催では優勝戦に1号艇として登場し、無念の3着になった赤岩善生選手や、四国地区選手権(徳山競艇G1)では優出も悔しい6着に終わった大上卓人選手などは注目すべき逸材でしょう。

なお、大上卓人選手は、2021年3月6日現在で4日目の終わった浜名湖賞(浜名湖競艇G1)の予選トップ通過を果たしました。2021年3月7日(日)は12Rの1号艇として登場し、もしイン逃げが成功すれば、同じく1号艇での優出となるでしょう。その勢いがあれば、北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)でも台風の目としての期待が掛かります。

大上卓人選手は1コースだけでなく、3コースと4コースからのセンター艇での戦いがずば抜けて上手な点が特徴でしょう。勝負度胸もあるので、今開催でもその競走に注目です。

級別 登録番号 選手名
A1 3388 今垣 光太郎
A1 3590 濱野谷 憲吾
A1 3635 石田 政吾
A1 3679 飯島 昌弘
A1 3744 徳増 秀樹
A1 3779 原田 幸哉
A1 3854 吉川 元浩
A1 3918 深井 利寿
A1 3942 寺田 祥
A1 3946 赤岩 善生
A1 3959 坪井 康晴
A1 3960 菊地 孝平
A1 3995 重野 哲之
A1 4013 中島 孝平
A1 4028 田村 隆信
A1 4030 森高 一真
A1 4061 萩原 秀人
A1 4074 柳沢 一
A1 4101 三井所 尊春
A1 4136 江夏 満
A1 4163 山崎 裕司
A1 4166 吉田 拡郎
A1 4172 森定 晃史
A1 4205 山口 剛
A1 4210 松村 康太
A1 4256 渡辺 浩司
A1 4259 真庭 明志
A1 4261 岡 祐臣
A1 4290 稲田 浩二
A1 4311 岡村 仁
A1 4320 峰 竜太
A1 4324 海野 康志郎
A1 4384 鶴本 崇文
A1 4413 水摩 敦
A1 4444 桐生 順平
A1 4446 和田 兼輔
A1 4448 青木 玄太
A1 4488 小山 勉
A1 4503 上野 真之介
A1 4524 深谷 知博
A1 4537 渡邉 和将
A1 4578 藤山 雅弘
A1 4586 磯部 誠
A1 4682 大上 卓人
A1 4703 森永 隆
A1 4772 石丸 海渡
A1 4808 松尾 拓
A1 4812 西野 雄貴
A1 4828 松山 将吾
A1 4856 豊田 健士郎
A1 4928 栗城 匠
A1 4939 宮之原 輝紀

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のアクセスと新型コロナウイルス対策

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のアクセスと新型コロナウイルス対策

北陸艇王決戦(三国競艇G1)は、福井県坂井市三国町にあるボートレース三国(三国競艇場)で開催されます。

近畿地区選手権2021(三国競艇G1)の時と同様に、新型コロナウイルスの感染拡大を予防するための措置が随所で実施されています。下記の記事は前回紹介したものとアドレスは同じですが、2021年3月1日に内容がわずかに更新されました。

福井県は緊急事態宣言の対象ではなく、また首都圏を中心とした1都3県以外では同宣言も終了しましたが、高い感染力を誇る新型コロナウイルスの脅威が消え去ったわけではありません。

本場へ向かわれる際には、くれぐれも感染対策を万全にし、競艇場スタッフの方の指示に従いましょう。

参考記事:三国本場営業のお知らせ – ボートレース三国

三国本場営業時間 10:00~場外12R終了後
※最終入場は三国12Rの発売終了後までです。
入場門の制限 入場できるのは2号館(新館)のみで、1号館(旧館)は閉鎖されます。駐車場は2号館側の利用が推奨されます。
マスク着用の義務 マスクを着用していない場合、入場ができません。
発熱や風邪症状での入場禁止 咳や発熱などの風邪症状が認められる場合、また、来場時の検温によって37.5度以上の体温が確認された場合、入場が認められないとともに、入場後でも退場措置が取られます。これらの感染症対策に従わない場合も同様です。
入場制限の実施可能性 場内の混雑が予想される場合、入場制限が実施されます。
その他の注意事項 減席を実施し、無料湯茶機も利用を停止しています。特別観覧席ならびに指定席も一部が発売を停止し、売店および喫煙所内では映像放映を取りやめています。キッズルームは開いていますが、授乳とおむつ交換のみの利用に限定されているため、注意しましょう。

ボートレース三国(三国競艇場)の住所・電話番号・問い合わせフォーム

住所 福井県坂井市三国町池上80-1
電話番号 0776-77-3131
問い合わせ ボートレース三国問い合わせフォーム

ボートレース三国(三国競艇場)への電車&無料バスでのアクセス[無料バスは休止中]

ボートレース三国(三国競艇場)への電車&無料バスでのアクセス[無料バスは休止中]

ボートレース三国(三国競艇場)の最寄り駅は、JR芦原温泉駅、もしくはえちぜん鉄道あわら湯のまち駅です。

いつもであれば、JR芦原温泉駅前発あわら湯のまち駅経由の無料バス(ファンバス)が運行していますが、近畿地区選手権2021(三国競艇G1)でもそうだったように、新型コロナウイルス対策のために運行を休止しています。

こちらは北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の期間中も同様のため、本場での観戦を考えておられる方は、タクシーを利用するなどの代替案を考えておきましょう。

ボートレース三国(三国競艇場)への自動車でのアクセス

ボートレース三国(三国競艇場)への自動車でのアクセス

北陸自動車道の金津ICからボートレース三国(三国競艇場)までは、約15分の道のりです。また、同じく北陸自動車道の丸岡ICと加賀ICからもアクセス可能で、そちらからはいずれも約30分ほどの距離です。

ボートレース三国の周辺には、約2,300台ほど収容できる無料駐車場が用意されているので活用していきましょう。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のレース展望は地区選との対比も重要

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のレース展望は地区選との対比も重要

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のレース展望について、ボートレース三国公式ウェブサイトがレース展望を掲載していました。

後述するように、峰竜太選手の前節の大フライングなどが起きる前の情報ではありますが、とても有用な内容です。北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)で優勝に手が掛かりそうな腕利きについて、知見を深めていきましょう。

地区選の次は周年!最高潮を迎える三国!

馬場貴也の優勝で歓喜に沸いた近畿地区選手権だが、三国のG1はまだまだ続く。2カ月連続のG1レース、その2戦目は3月11日から開催の「開設67周年記念 G1北陸艇王決戦」だ。

最注目は何といってもグランプリ覇者、峰竜太。昨年は「獲得賞金」「最高勝率」「最多勝利」の部門で三冠を達成し、まさに向かうところ敵なしの活躍を見せた。当地でもG2BR甲子園で圧巻のまくり差しを見せ優勝と躍動。九州地区選も制し、今、最も魅せる走りを体現する峰を全集中で見てほしい。

地元からは近畿地区選で優出と気を吐いた福井支部の総大将、今垣光太郎に期待。出場選手の中で登録番号が一番上の存在となったが、地元ファンの期待を背負って走る今垣はやはり頼りになる。BR甲子園に続き、三国での峰とのバトルが楽しみだ。

その甲子園、今年の地区選、ともに準優勝だった吉川元浩も再登場。大得意の当地だが、ここ最近はあと一歩が続いている。5度目の当地G1優勝を目指し、攻めの走りを見せる。

ほかにも昨年のSG覇者、徳増秀樹に寺田祥、深谷知博の3人も参戦。原田幸哉や桐生順平といったスピードキングの面々を中島孝平ら地元勢が迎え撃つ。

出典:レース展望 – ボートレース三国

やはり、峰竜太選手の存在感は大きいところです。ただ、浜名湖賞2021(浜名湖競艇G1)でフライングを背負ってしまっただけに、どこまで攻めた競走ができるでしょうか。

そうなると、地元の今垣光太郎選手には大きな期待が掛かるでしょう。本記事でも、後ほどの有力選手紹介で詳しく触れます。

また、吉川元浩選手、徳増秀樹選手、寺田祥選手、深谷知博選手、原田幸哉選手、桐生順平選手の名前が挙がりました。SGさえも手中に収められる実力者だけに、北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)でも上位に食い込んでくるでしょう。

レース展望ページでは、ピックアップレーサーの項目も設けられていました。そちらの内容も引用します。

久々の地元周年登場!松村康太が奮起の走りを見せる

地元、福井支部の松村康太。今期適用勝率を6.24とし、2018年後期以来となるA1級復帰を果たした。また、当地周年も同年以来と久々の登場となり、生粋の三国育ちという松村だけに、待ち望んでいた地元ファンも多いのではないだろうか。

そんな松村だが、攻めに派手さこそないが、安定したインコースの戦績に加え、2・3着取りの名手と呼ばれるほど、コースを問わず大敗が少ないのが特長だ。最後まで諦めない、しぶといレース運びは舟券を握るファンを熱くさせる。

これまででG1優出経験は2度。先日の近畿地区選手権では予選終了時で21位と、あと一歩に泣いた。スターぞろいの今シリーズではあるが、あと一歩を埋めて地元G1での活躍に期待したい。

出典:レース展望 – ボートレース三国

上記のとおり、地元福井の松村康太選手が取り上げられていました。長らくA2級で戦っていましたが、2021年前期にようやくA1級への復帰を飾っています。地元周年で戦えるのは、とてもうれしいことでしょう。

安定した競走が信条の松村康太選手は、紹介どおりにソツのない走りをします。2節前のホテルnanvan焼津・浜名湖カップ(浜名湖競艇一般)も、前節の西日本スポーツ杯(大村競艇一般)も、一度も6着大敗を喫しませんでした。

また、5着も2節あわせて3度のみ。A1選手の技量に加え、無理な仕掛けをしない特徴が表れています。

逆にいえば、1着を取れるようなリスクまでは取らないため、頭では狙いにくいかもしれません。周年ともなると成績的に下位になるでしょうから、連下の穴で狙ってみてはいかがでしょうか。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)が行われるボートレース三国の特徴

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)が行われるボートレース三国の特徴

ボートレース三国(三国競艇場)の特徴については、先月の近畿地区選手権2021(三国競艇G1)の記事でも詳しく論じました。

この記事では、長方形のプール型水面で、インが強い水面である点にフォーカス。日本海側唯一の競艇場として、吹き付ける風と、コンクリート製の護岸で生まれる引き波の攻略が鍵になると解説しました。

今回は、また別の角度からボートレース三国の水面の特徴を見ていきます。というのも、2021年3月1日(月)に公式の詳細なデータが更新され、より信頼のおける内容を反映させやすくなったためです。

参考資料:水面特性・進入コース別情報 – ボートレース三国

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は、春季の開催に該当します。これにより、冬季の開催だった近畿地区選手権2021(三国競艇G1)よりも、インが強い傾向がより鮮明になります。

1コースの1着率はあまり変わりませんが、2コースと3コースが春は強くなり、4コースと5コースが不利になる傾向です。これは冬の北風が若干収まり、インの選手が競走しやすい環境になっている点を示しています。

特に、2コースは大きく安定感を増しており、3着率が減った以上に、1着2着の確率が上昇しています。3コースは割を食うために2着率が減っていますが、1着3着の確率が同じく上昇していました。

一方で、4コースと5コースは、これら内の艇を攻略するのが困難になっています。1着や2着の2連対をもぎ取るには、展開の助けが必要でしょう。

本サイトでは、ボートレース三国(三国競艇場)を特集した記事も独立して掲載しています。あわせてご覧になることで、北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の完全攻略がより近づくでしょう。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のドリーム戦に出場する12名の優勝候補

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のドリーム戦に出場する12名の優勝候補

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は、ダブルドリーム戦が組まれました。初日の第12Rが日本海ドリーム、2日目の第12Rが東尋坊ドリームです。

近年のボートレース情勢を語るのに不可欠な選手たちが、ずらりと顔をそろえました。今年の北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は、その名に恥じぬ輝きをもって語られる格も備えたといえるでしょう。

ドリーム戦に出場する12名の俊英は以下のとおり。この中から数名を優勝候補としてピックアップしましたので、あわせてご覧ください。

所属支部 登録番号 選手名
福井 3388 今垣 光太郎
静岡 3744 徳増 秀樹
兵庫 3854 吉川 元浩
埼玉 4444 桐生 順平
長崎 3779 原田 幸哉
山口 3942 寺田 祥
佐賀 4320 峰 竜太
静岡 3960 菊地 孝平
福井 4013 中島 孝平
東京 3590 濱野谷 憲吾
徳島 4028 田村 隆信
静岡 4524 深谷 知博

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は今垣光太郎の奮戦に期待が高まる

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は今垣光太郎の奮戦に期待が高まる

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)の最大の注目は、なんといっても今垣光太郎選手です。福井支部の大ベテランかつ総大将として、今回の開催でも日本海ドリームの1号艇を任されました。

地元開催となった近畿地区選手権2021(三国競艇G1)でも優出に成功し、2号艇2コースからの3着でした。敗れはしたものの、貫禄を示した開催だったといえるでしょう。

しかし、今垣光太郎選手ほどの実績ともなれば、やはり大レースでの栄冠が期待されてしまうものです。北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)でも優勝候補の一角として存在感は充分。全国から猛者が集まりましたが、恥ずかしくないレースをしてくれるでしょう。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)では吉川元浩の連覇への快走にも注目

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)では吉川元浩の連覇への快走にも注目

近畿地区選手権2021(三国競艇G1)では優出し、3号艇3コースから2着。好調をアピールしたのが吉川元浩選手です。

また、前回開催である北陸艇王決戦2019(三国競艇G1)の覇者でもあります。4号艇4コースからの目の覚めるまくり一閃。1号艇1コースの赤岩善生選手まで、イン3艇をまるごと飲み込み、ボートレースの醍醐味を感じさせるG1優勝となりました。

そんな吉川元浩選手の最近の調子を見てみましょう。3節前の全日本王者決定戦2021(唐津競艇G1)では、大きい着を叩いたために、準優勝戦への進出を逃しました。しかし、2節前の近畿地区選手権2021(三国競艇G1)では1走を除いてオール3連対で優出。きっちり仕上がってきた印象です。

吉川元浩選手は、日本海ドリームで3号艇に入りました。もしも3コースをそのまま取れるようであれば、非常に期待が持てます。なぜなら、3コースからは非常に攻め気が強い競走をし、1着率はかなり高いレベルで推移しているからです。

日本海の荒波を体現するような荒れ舟券の使者として、初日からすばらしい走りを見せてくれるかもしれません。そうなれば、北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)はいよいよ波乱の様相を呈してくるでしょう。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)もまた峰竜太の威風堂々たる進撃

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)もまた峰竜太の威風堂々たる進撃

峰竜太なくして、艇界なし。今やそう言い切れるほどに絶対的な存在になったのが、佐賀の峰竜太選手です。2020年は圧巻の走りでボートレースグランプリ2020(平和島競艇SG)も制し、完全なる賞金王として君臨しました。

しかしながら、2021年は突然の試練の到来です。浜名湖賞2021(浜名湖競艇G1)で起きた全艇フライングの1人となり、さらに、コンマ08での非常識なフライングで即日帰郷となりました。

フライング休みは4月のダイヤモンドカップ2021(大村競艇G1)が終わってからなので、北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)には出場できる見込みです。また、ボートレースオールスター2021(若松競艇SG)も休み明けの出場が可能で、そこは関係者もホッとしたことでしょう。

しかし、逆にいえば、絶対にF2だけは避けなければならないのが、今後1ヶ月の情勢です。東尋坊ドリームの1号艇は、むしろ危険な1号艇1コースになりかねません。この点は覚えておかなければならないでしょう。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は中島孝平からも目が離せない

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は中島孝平からも目が離せない

東尋坊ドリームの3号艇に、地元福井の中島孝平選手が入りました。2号艇には静岡の菊地孝平選手がいるため、ダブル孝平が峰竜太選手に挑む形です。

地元開催だった近畿地区選手権2021(三国競艇G1)では、惜しくも準優勝で4着となり、優勝戦への切符を逃しました。同開催ではとても安定した競走を続けていただけに、悔しい結果だったでしょう。

前節の東龍軒カップ(若松競艇一般)では、準優勝戦で3着。ただ、これは1号艇の妨害と5号艇の転覆のアオリを受けた形なので、不運なレースでした。4号艇の柴田大輔選手が好発を決め、同時に3号艇の亀本勇樹選手が凹んだため、壁がなかったのもつらい展開でした。そうした事情からも、参考外にしていいでしょう。

事実、この東龍軒カップでは1レースを除いてすべて3連対と、ハイレベルな技量を見せつけました。3節前の第20回夕刊フジ杯~ダッシュ島グランプリ~(平和島競艇一般)も、優勝戦3号艇3コースから抜きでの勝利を収めています。なおも良いコンディションを維持したまま、地元の周年を迎えます。

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のまとめ

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)のまとめ

北陸艇王決戦2021(三国競艇G1)は、シリーズリーダーになりうる峰竜太選手がF持ちとなり、一気に暗雲が立ち込めてきました。

地元福井の今垣光太郎選手、中島孝平選手、萩原秀人選手が躍動する展開も考えられるとともに、全国から集まった高い技量の選手たちの美技が発揮されるレースになるでしょう。

モーター抽選も重要である一方、ボートレース三国に特有の日本海から吹く風の攻略に長けたレーサーを選ぶことも重要です。

三国の風を攻略し、2021年の北陸艇王として君臨するのは誰か。充実した舟券の攻略のためにも、本記事の情報を存分にご活用ください。