グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の予想!最強レーサー峰竜太を止めるのは若獅子たちか!?

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の予想!最強レーサー峰竜太を止めるのは若獅子たちか!?

UPDATE:2021.06.14
競艇レース記事

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)が、今年もボートレースに夏の訪れを告げにやってきました。すでに各地で夏日、あるいは真夏日さえも記録される猛暑の日本列島が、さらに熱くなる戦いの始まりです。

ボートレースオールスター2021(若松競艇SG)は、絶対なるボートレーサー、峰竜太選手が優勝を勝ち取りました。すさまじいプレッシャーに打ち勝ってのすばらしい勝利は、多くのタイトルを勝ち取ってきた峰選手をして感極まらせていました。

次なるSGの舞台は、岡山県のボートレース児島(児島競艇場)です。どのようなメンバーがそろったのか。どのように舟券予想を組み立てていくべきか。あらゆる面から有意義な情報を集め、ひとつの記事としてまとめました。ぜひ最後までご覧ください。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の詳細情報

ボートレース児島公式が制作した、グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の30秒CMです。この至高の舞台の重みと気高さを内包し、心震わせる出来となっています。

「グラチャン」の略称でも親しまれるグランドチャンピオンは、リピーターが活躍することでも知られています。その意味において、4年前の覇者である石野貴之選手、3年前の覇者である白井英治選手、昨年の覇者である徳増秀樹選手の動向は注目に値するでしょう。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の出場資格

出場資格(上位ほど優先度高) ・前年度優勝者1名
・前年度ボートレースグランプリ優勝戦出場者6名
・今年度ボートレースオールスター優勝者1名
・前年4月1日から当年3月31日までのSG優勝戦で完走した選手
・前年4月1日から当年3月31日までのSG予選で得点上位となった選手
※なおSG優勝戦完走選手とSG予選得点上位選手は、開催年前期A1級に留まっていて、なおかつ160走以上の出走実績が必要となる。
選出除外事項 ・優先出場枠に該当せず、かつ当年前期にA1級ではない、または出走回数が不足している選手
・前回のグランドチャンピオンから当年のボートレースオールスターまでのSG優勝戦で選手責任によるスタート事故を起こした選手
・前年のチャレンジカップから当年のボートレースオールスターまでのSG準優勝戦で選手責任によるスタート事故を起こした選手
・前年のボートレースグランプリで選手責任によるスタート事故を起こした選手
・前年4月1日から当年グランドチャンピオン前検日までに褒賞懲戒規定による出場停止処分を受けた選手
・病気や負傷などの理由によって出場を辞退した選手

かつて「グランドチャンピオン決定戦競走」と呼ばれ、今はよりシンプルに「グランドチャンピオン」と通称されるこのレースは、「SGの中のSG」の異名を持つ超ハイレベルの競走として知られています。

その理由は、本競走の出場資格が、ボートレース最高峰のSG競走で優秀な結果を残さなければならない点にあります。年末のボートレースグランプリはもとより、ほかのSG開催で優勝戦に出場する、または各予選競走で目覚ましい活躍をして得点を積み重ねるなどの実績がなければ、グランドチャンピオンに出走することは叶いません。

スタート事故がボートレーサーにとって大きな痛手なのは間違いありませんが、グランドチャンピオンでは特にスタート事故を起こす選手に厳しい目を向けています。公正なスタートを切って勝利への航走を続けられる選手。それこそが至高のボートレーサーであり、グランドチャンピオンを戦うにふさわしい存在として認められるわけです。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の開催期間

2021年6月22日(火)~6月27日(日)

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の出場選手

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の出場選手

SG競走の中でも特に厳格な出場資格を満たし、グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)へのあっせんを手にした出場選手たちの一覧です。ボートレースの特色といえば、女子選手の多さが挙げられますが、なんとこの誉れの舞台にも女子レーサーである平高奈菜選手がその名を連ねています。

女子選手はどうしても体重が軽く、競り合いに弱いと言われることも多いですが、それを生かした戦い方をするレーサーが多いのもまた事実。体力を気力と技術でカバーし、この最高峰の舞台に出場してくるのは本当にすごいことです。

級別 登録番号 選手名
A1 3388 今垣 光太郎
A1 3415 松井 繁
A1 3573 前本 泰和
A1 3623 深川 真二
A1 3716 石渡 鉄兵
A1 3721 守田 俊介
A1 3737 上平 真二
A1 3744 徳増 秀樹
A1 3779 原田 幸哉
A1 3780 魚谷 智之
A1 3783 瓜生 正義
A1 3795 金子 龍介
A1 3854 吉川 元浩
A1 3897 白井 英治
A1 3941 池田 浩二
A1 3942 寺田 祥
A1 3960 菊地 孝平
A1 3984 坂口 周
A1 4044 湯川 浩司
A1 4052 興津 藍
A1 4061 萩原 秀人
A1 4063 市橋 卓士
A1 4148 枝尾 賢
A1 4168 石野 貴之
A1 4188 久田 敏之
A1 4205 山口 剛
A1 4238 毒島 誠
A1 4262 馬場 貴也
A1 4266 長田 頼宗
A1 4290 稲田 浩二
A1 4296 岡崎 恭裕
A1 4320 峰 竜太
A1 4337 平本 真之
A1 4344 新田 雄史
A1 4350 篠崎 元志
A1 4371 西山 貴浩
A1 4397 西村 拓也
A1 4418 茅原 悠紀
A1 4427 秦 英悟
A1 4444 桐生 順平
A1 4450 平高 奈菜
A1 4477 篠崎 仁志
A1 4497 桑原 悠
A1 4503 上野 真之介
A1 4512 高野 哲史
A1 4524 深谷 知博
A1 4573 佐藤 翼
A1 4586 磯部 誠
A1 4686 丸野 一樹
A1 4688 永井 彪也
A1 4831 羽野 直也
A1 4848 仲谷 颯仁

[重要]グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)のアクセスと入場の大幅制限情報

[重要]グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)のアクセスと入場の大幅制限情報

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)は、岡山県倉敷市にあるボートレース児島(児島競艇場)で開催されます。ただし、現地での観戦を希望していたファンにとっては、非常に残念なお知らせが公式から発表されました。

もともと新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の防止策として、入場を希望する人は事前申し込みが必須とされていました。しかしながら、状況はなおも大きくは好転せず、この悪疫の感染はいくらかの波があるものの、完全に押し止めるにはいたっていません。

結果として、日本政府は緊急事態宣言ならびにまん延防止等重点措置を発令し、各地域に警戒を呼びかけてきました。さらに、2021年5月末が期限だったこれらの制限政策は、さらなる感染拡大の防止のため、2021年6月20日(日)までの期間延長が実施されました。

かかる状況下にあって、ボートレース児島は、グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の現地観戦、すなわち本場への入場は岡山県内の在住者に限る旨を発表しました。これは県境往来による人流の発生、ひいては感染拡大を防ぐ目的がメインとなっています。

また、無料バスも全面的に運行を取りやめ、JR利用の復路料金の補填サービスも停止しています。残念ながら、なるべく現地での観戦は控えて、インターネットなどを介しての中継での応援を推奨している形です。

新型コロナウイルスは、今なお世界的な猛威を奮っている疫病です。悔しい話ではありますが、ここは強くこらえて、可能な形での応援をしていきましょう。

参考記事1:ボートレース児島の新型コロナウイルス感染症対策について – ボートレース児島
参考記事2:岡山県「緊急事態宣言」発令に伴う更なる対策強化について – ボートレース児島

ボートレース児島(児島競艇場)の住所・電話番号

住所 岡山県倉敷市児島元浜町6-3
電話番号 086-472-5050

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)のレース展望

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)のレース展望

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)のレース総展望について、グランドチャンピオンの公式パンフレットにデイリースポーツの記者さんが寄稿したものがありました。同内容を引用し、この至高の戦いの趨勢を読み解く手がかりとしていきましょう。

歴代覇者にはSG常連が並ぶ

平成3年に新設された「グランドチャンピオン」はSGで活躍した選手のみが出場できるSGの中のSG。令和3年の児島で第31回大会を迎える。

ここ2年は徳増秀樹(静岡)、柳沢一(愛知)がSG初優勝を飾っているが、歴代覇者は白井英治(山口)、石野貴之(大阪)、菊地孝平(静岡)、瓜生正義(福岡)、湯川浩司(大阪)、原田幸哉(長崎)、池田浩二(愛知)、今垣光太郎(福井)と、複数回SGVの実績を持つ選手ばかり。SGV12の松井繁(大阪)はグラチャン優勝こそないが、20年連続27回目の出場と、長年にわたってSGで活躍し続けていることがわかる。

シリーズの中心はやっぱり峰

SGで場数を踏んだ選手が主導権を握りそうだが、優勝争いの中心は峰竜太(佐賀)。史上初の6期連続勝率1位でボート界に君臨し、全国、どの大会でも中心的存在だ。茅原悠紀(岡山)が地元の期待を一身に背負う。昨年後半はF2でグランプリ出場へこぎ着けた。GWのオール岡山で予選、準優と無敵を誇りながら優勝を逃した悔しさを胸に、地元SGへ全身全霊で挑む。

勢いなら下関マスターズC、徳山周年で連続Vを果たした原田か。4月当地G3で1年ぶりの優勝、徳山GW戦で通算V100を達成した白井も有力。当地68周年を制した菊地は水面相性抜群だ。当地SGV歴ある瓜生、毒島誠(群馬)、桐生順平(埼玉)ら実績上位者に、秦英悟(大阪)ら初出場組7名がどんな戦いを繰り広げるかも見どころだ。

出典:総展望 – グランドチャンピオン2021公式パンフレット

上記のとおりとなります。やはり、佐賀の峰竜太選手がシリーズリーダーとしての最有力候補になるのは当然でしょう。フライング休み明けでいきなりのボートレースオールスター2021(若松競艇SG)制覇を成し遂げ、「現代のボートレースは峰竜太を中心に回っている」現実を雄弁に語る結果になりました。

しかし、ほかにも多数のSG覇者や、SG制覇が見込めるレベルの選手たちが勢ぞろいしています。この劇的な戦いを的確に舟券予想で仕留めていくのは、相当な困難になるでしょう。

それゆえに、好配当が見込める開催にもなりえます。ファンとしてはその美技の数々を楽しみつつ、良好な払い戻しも手に入れていきたいものです。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)が行われるボートレース児島の特徴

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)が行われるボートレース児島の特徴

ボートレース児島(児島競艇場)は、瀬戸内海にコースが作られた海の競艇場です。よって、水質は海水であり、潮の干満が起きる点に留意しましょう。

海面コースはいずれも潮の満ち引きが起きるものですが、児島の水面は特にその影響が大きい場所として知られています。満潮時には返し波が残る、うねりが出やすいなどの特徴から、ターンが流れやすくなります。

これはインの艇にとってかなり厳しいコンディションであり、2コース4コースの差しが入ったり、実力上位のまくり艇が外に流れて着外に沈むパターンが現れやすいといえるでしょう。

上記のような傾向は、児島の水面がとても広いことでより際立ちます。差し、まくり、まくり差し、いずれにしても幅広い戦法を選びやすい水面なので、先行する艇は上手く立ち回らないといけません。道中の逆転も見られやすいロケーションといえます。

今回の開催時期となる6月ごろの風向きは、基本的にホーム向かい風が中心です。ただ、雨が降った場合はホーム追い風となり、インの信頼度が上がるので、天候と風向きはチェックすると好配当を獲得しやすいかもしれません。

本サイトでは、ボートレース児島(児島競艇場)を特集した記事を公開しています。あわせてご覧いただき、グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)攻略の手がかりとしてお役立てください。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)では若手選手にも注目しよう!

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)では若手選手にも注目しよう!

グランドチャンピオン2021には公式の特設サイトが設けられていますが、どうしてもすでにSGを取っているトップレーサーの情報が多めになってしまいます。

そこで、今回はこの至高の戦いへの切符を勝ち取った若手選手4名にフォーカスし、それぞれ実績や最近の調子からの舟券への期待度を見ていきましょう。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/丸野一樹

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/丸野一樹

滋賀の丸野一樹選手は、2021年6月現在でまだ29歳という若さながら、すでにG1で4回も優勝しているトップレーサーです。

しかも、その初制覇は地元のびわこ水面であり、3号艇3コースからのまくり一発でした。また、G1の2勝目も唐津の周年競走で、これも4号艇4コースからのまくり差し。高い技術に強心臓まで備えていることがわかります。

なおすばらしいことには、2021年に入ってから立て続けに2つのG1を制しました。尼崎センプルカップ2021(尼崎競艇G1)と、全日本覇者決定戦2021(若松競艇G1)です。ほかにも一般戦を2つ勝ち取り、2020年の6開催優勝に早くも近づきつつあります。

これほどの技量の持ち主ですから、SG競走にも2019年から連続して出場しています。2020年のチャレンジカップでは準優勝戦で3着まで入り、あと一歩で優出というところまで近づきました。SG制覇が望まれる逸材といえるでしょう。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/永井彪也

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/永井彪也

東京の永井彪也選手もまた、すでにG1を制しています。ヤングダービー2019(三国競艇G1)で、同年代には決して負けないという気迫のこもった優勝でした。

こうなると、もちろんルーキーシリーズの制限を超えた次元での活躍が期待されますが、その技量は早くも発揮されていました。ボートレースグランプリシリーズ2019(住之江競艇SG)でのことで、あれよあれよという間に勝ち進み、ついには優勝戦で2着まで食い込んできたほどです。

ほかにも2020年のボートレースクラシックやボートレースオールスターで準優勝戦5着に入っており、予選を安定して突破する力を持っています。2020年後半からはやや不調ぎみでしたが、2021年の晩冬あたりから調子を取り戻してきました。本来のポテンシャルを考えれば、さらなる飛躍を望まれるレーサーです。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/羽野直也

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/羽野直也

福岡の羽野直也選手は、多士済々な福岡支部の中にあって、急速に力をつけてきた若手選手です。1995年3月生まれで、2021年6月現在でまだ26歳ながら、こうしてグランドチャンピオンに出場できる実績を残してきました。

最近の活躍も特にすばらしく、ボートレースオールスター2021(若松競艇SG)ではほぼオール3連対を達成しました。しかし、攻める競走によって2回の転覆があり、選手責任による減点で予選通過を逃した形です。

G1も1回制しており、海の王者決定戦2017(大村競艇G1)でのことでした。絶対的にイン有利な大村で2号艇2コースからの差しを決めてのG1優勝。どれだけ技量が図抜けているかがわかろうものです。

グランドチャンピオンには3年連続での出場となり、昨年の2020年開催では優出を達成しました。優勝戦こそ6着でしたが、これだけの劇的なメンバーが集まる中での優出は、超一流の実績といわざるをえません。

ほかにも複数回のSG予選突破経験があり、早期段階でのG1制覇、そしてSG制覇が射程圏に入っている傑物です。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/仲谷颯仁

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)の若武者4傑/仲谷颯仁

福岡の仲谷颯仁選手は、1994年8月生まれの26歳です。3年前の九州地区選手権で堂々と1号艇1コースからの逃げ切り優勝を果たし、早くも全国に名前を売りました。2020年もG3競走を含む5つの開催で優勝し、そのポテンシャルの高さを証明しています。

これほどの高い実績を持つ仲谷颯仁選手なので、SG競走へは2017年のボートレースグランプリシリーズから早々に参加しています。2019年のボートレースオールスターでは早くも準優勝戦3着という好記録を叩き出し、ベテランの壁が厚いボートレース界にあって、天才的なセンスの良さを見せつけました。

ここ2節はボートレースオールスター2021(若松競艇SG)、オールジャパン竹島特別2021(蒲郡競艇G1)とビッグタイトルが続きましたが、なんと一度も6着を叩かず、小さめの着順でまとめる競走をしてきました。これだけでも地力の高さが見え隠れしています。

今回は、全国の中ではあまり得意なほうではない児島での開催。課題が多い戦いになりますが、それすらも跳ね除ける活躍になるかどうか、注目といえるでしょう。

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)のまとめ

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)のまとめ

グランドチャンピオン2021(児島競艇SG)は、トップレーサーの中でもSG開催で良績を残した選手だけが出場を許される、「結果で語れる選手のためのSG競走」です。

それゆえに、すべての番組が一流同士の技術と魂のぶつかりあいとなり、見る者の心を躍らせるレースとなるでしょう。それはまた、決してセオリーどおりの決着に収まるとは限らないことも示しています。

今回開催される児島の水面の特徴を把握し、前検日のモーター抽選の結果に目を光らせましょう。たとえ率が悪いモーターであっても、グランドチャンピオンに出てくるレベルの選手は、劇的な整備によって良モーターに仕立て上げる可能性もあります。

数字よりも実際のレースや展示航走を見る大切さが大きくなる。それこそが「SGの中のSG」が求める、舟券予想への姿勢ともいえるでしょう。